「アントナン・アルトー」の版間の差分

→‎生涯: 訳を追加しました
(→‎生涯: 訳を追加しました)
1920年代後半には映画に関わる仕事が続く。[[アベル・ガンス]]監督の超大作映画『ナポレオン』(1926年)出演([[ジャン=ポール・マラー]]役)に続いて、サイレント映画の最高峰と評される[[カール・ドライヤー]]監督の『[[裁かるゝジャンヌ]]』(1927年)に出演(修道士ジャン・マシュー役)。また同じ時期に[[ジェルメーヌ・デュラック]]監督『[[貝殻と僧侶]]』(1927年)の脚本を書いている。
 
1936年、[[アイルランド]]旅行中に統合失調症と診断され精神病院に収監され、1947年にアンドレ・ブルトンら友人らの助力で退院する。後に、その当時の体験を後に告発した。『[[フィンセント・ファン・ゴッホ|ヴァン・ゴッホ]]』で[[サント=ブーヴ]]賞受賞。その思想は[[ジル・ドゥルーズ|ドゥルーズ]]&[[フェリックス・ガタリ|ガタリ]]や[[ジャック・デリダ|デリダ]]に影響を与えた。その演劇論は[[ピーター・ブルック]]らに受け継がれる。
 
== 器官なき身体 ==
1972年出版された「アンチ・オイディプス」のなかで、アルトーの言ったこの言葉が中心概念として採用された。アルトーの原文は以下の通り。
 
「人は病んでいる。できそこないだからだ。奴を一度裸にして奴をむしばむこの微生物をこそぎおとせ。そして神よ、役立たずの器官(ここでは性器とも解釈できる)というものをなくしてほしい。そうすれば人は自由になれる。そしてダンスホールで踊りまくるように踊りをもう一度教えてほしい。そこが彼の場所だ。」("Pour en finir avec le jugement de dieu") ようするに性欲からの解放かともとれるが、すべてを性で解釈するフロイト主義を批判する哲学書に採用された。
 
==バーチャル・リアリティ==
匿名利用者