「ディーゼル微粒子捕集フィルター」の版間の差分

なお、[[エンジンオイル]]には[[耐摩耗剤]]・[[酸化防止剤]]として[[亜鉛]]化合物や清浄剤・[[酸]][[中和]]剤として[[カルシウム]]化合物などの[[灰]]分(アッシュ)・リン・硫黄を含む[[金属]]系添加剤が多く配合されていたが、これらの成分は燃えずに[[排気]]とともに排出され、浄化装置に悪影響(早期の目詰まりや浄化性能の低下など)を与える。そのためDPF付き車両には粒子状物質浄化システムに対応すべく、従来のディーゼル用エンジンオイルよりもアッシュ成分を大幅に低減、[[リン]]・[[硫黄]]分も抑えた規格オイルが使用される。DPFに対応したオイル規格としては[[日本]]では[[JASO規格]]の軽量車用としてDL-1、重量車用としてDH-2が、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]では[[API規格]]のCJ-4以降、[[ヨーロッパ|欧州]]の[[ACEA]]規格では、[[乗用車]]、軽[[負荷]][[商用車]]用のCカテゴリ全般と、高負荷商用車用のEカテゴリのE6、E9などがそれにあたる。エンジンによって要求規格は異なり、規格よっても灰分・リン・硫黄の規制値が異なるため同じDPF対応オイル規格であっても基本的に流用は出来ない(ただし複数の規格に対応するものは存在する。例として[[モービル1]]のESPはDL-1とC2・C3に、同じく[[モービル (ブランド)|モービル]]のデルバックのESPはDH-2とCK-4とE7・E9にそれぞれ対応する。ただしこの例のように複数の規格に対応していても、求められる性能の違いによる使用される粘度の違いもあり基本的には軽量車用規格同士か重量車用規格同士の組み合わせが基本となっている。)。
 
2010年代以降、日本で製造・販売される大型トラック・バスについてはこのDPFと[[尿素SCRシステム]]との併用による排気ガス浄化装置がほぼ標準装備となっている。
 
== 種類 ==