「ル・ペトマーヌ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[File:LePetomane.jpeg|right|thumb|200px|ル・ペトマーヌ]]
'''ル・ペトマーヌ'''({{lang-fr|Le Pétomane}}, {{IPA-fr|ləpetɔˈman}})は[[フランス]]の[[放屁師]]([[曲屁|曲屁師]]、放屁芸人)であった'''ジョゼフ・ピュジョール'''(Joseph Pujol, [[1857年]][[6月1日]] – [[1945年]])の[[芸名]]である。腹部の筋肉に加える力を調整することにより、意のままに放屁しているかのように見せる芸で知られる。芸名はフランス語の動詞''péter''(放屁する)に接尾辞-''mane''(…狂)を加えた形で、「放屁狂」を意味する。
 
なおピュジョールの芸は本物の屁を用いた芸であると思われがちであるがそうではなく、[[直腸]]に向かって空気を吸い込み、この空気を[[肛門]][[括約筋]]を加減しつつ放出していた、というのが真相である。こうした実態は、ピュジョールが芸を披露し始めた初期、軍隊時代に同僚兵に向かって行った際の記録にも示されている。