「IA-64」の版間の差分

Itaniumと同じ出典を追加し、冒頭にIA-64終了予定を追記
m編集の要約なし
(Itaniumと同じ出典を追加し、冒頭にIA-64終了予定を追記)
'''IA-64'''('''Intel Architecture 64'''、アイエーろくじゅうよん<ref>{{Cite web|url=http://yougo.ascii.jp/caltar/IA-64|title=IA-64 - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典|accessdate=2018-07-13|website=yougo.ascii.jp|language=ja}}</ref>)は[[インテル]]と[[ヒューレット・パッカード]]が1994年に共同で開した[[64ビット]][[マイクロプロセッサ]]の[[命令セット]]アーキテクチャ(ISA)であり、[[Itanium]]で採用されている
 
特徴として[[EPICアーキテクチャ]]を採用し、多数のレジスタを持つ。インテルの従来の[[32ビット]]である'''[[IA-32]]'''([[x86]])とは、[[命令セット]]の互換性は無いが、IA-32の[[エミュレータ|エミュレーション]]モードを持つ。IA-64は当初はIA-32の後継ともされたが、実際にはx86を64ビットに拡張した'''[[x64]]'''の普及もあり、特定用途に留まった。2019年2月、インテルは2021年のItaniumの製造終了予定を発表し、後継も無ため、IA-64は終了した<ref name="intel-end">[http://qdms.intel.com/dm/d.aspx/f65eea26-13fb-4580-972b-46b75e0ab322/PCN116733-00.pdf Product Change Notification]</ref><ref name="impress1168049">[https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1168049.html Itaniumが製造終了へ。IA-64の歴史に幕 - PC Watch]</ref>
 
特徴として[[EPICアーキテクチャ]]を採用し、多数のレジスタを持つ。インテルの従来の[[32ビット]]である'''[[IA-32]]'''([[x86]])とは、[[命令セット]]の互換性は無いが、IA-32の[[エミュレータ|エミュレーション]]モードを持つ。IA-64は当初はIA-32の後継ともされたが、実際にはx86を64ビットに拡張した'''[[x64]]'''の普及もあり、特定用途に留まっている。
 
== 名称 ==