「比叡 (戦艦)」の版間の差分

m
(→‎概要: 出典を追加。文章を追記。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
軍縮条約失効後の改装時に[[大和型戦艦]]のテスト艦として新技術が導入され、[[太平洋戦争]]においては[[第一航空艦隊|南雲機動部隊]]の一艦として行動した。1942年(昭和17年)11月12日、[[第三次ソロモン海戦]]第1夜戦で損害を受け、日中の空襲により放棄・沈没した。練習戦艦のまま除籍{{refnest|昭和17年12月20日付 内令第2339号、同第2340号<ref group="注釈">これら内令で削除された本艦の定員表および特修兵教員配置規則には「練習戦艦」と明記されている。</ref>}}。
 
[[2019年]](平成31年)[[1月31日]]、[[ポール・アレン]]が創業したアメリカの調査チームが本艦がガダルカナル島のサボ島北西985m地点で沈んでいるのを発見した。なお、船体の3分の1にあたる約70mの前方の部分が切断されていたという。これに関して専門家は大きな爆発があったのではないかと見ている<ref>{{Cite news|title=戦艦「比叡」見つかる 太平洋戦争中に沈没 謎の解明も…|newspaper=NHK|date=2019-02-06|url=https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190206/k10011805201000.html|accessdate=2019-02-06}}</ref><ref>{{Cite news|title=戦艦「比叡」見つかる 沈没のナゾ解明なるか|newspaper=FNN|date=2019-02-06|url=https://sp.fnn.jp/posts/00411419CX|accessdate=2019-02-06}}</ref><ref>{{Cite news|title=戦艦「比叡」の船体発見 ポール・アレン氏の調査チーム|newspaper=産経新聞|date=2019-02-06|url=https://www.sankei.com/smp/world/news/190206/wor1902060026-s1.html|accessdate=2019-02-06}}</ref>。
 
== 艦名 ==