「ピート・シンフィールド」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
 
基本的にはミュージシャンでは無いが、[[1970年代]]前半の[[プログレッシブ・ロック]]・シーンに於けるピート・シンフィールドの業績は大きいと言える。[[キング・クリムゾン]]での実績はもちろんだが、[[ロキシー・ミュージック]]のデビュー作『[[ロキシー・ミュージック (アルバム)|ロキシー・ミュージック]]』をプロデュースしたり、[[エマーソン・レイク・アンド・パーマー]]の『[[恐怖の頭脳改革]]』に作詞で参加したり、まだ世界的に無名だった[[イタリア]]の[[プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ|PFM]]をマンティコア・レーベルで国際展開させるといった活動歴を残している。また、[[シェール]]や[[セリーヌ・ディオン]]の作品に歌詞を提供し、世界的な成功を収めている。
 
2011年8月7日、BS-TBSで放送された番組「[[SONG TO SOUL|SONG TO SOUL ~永遠の一曲~]] [[クリムゾン・キングの宮殿]]」番組に英国取材で出演。[[キング・クリムゾン]]誕生前後の状況や楽曲制作の裏話を証言した。
 
== ディスコグラフィ ==
* [[プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ]]: 『幻の映像』 - ''Photos of Ghosts'' (1973年) ※プロデュース、歌詞担当
* プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ: 『[[甦る世界]](英語盤)』 - ''The World Became the World'' (1974年) ※プロデュース、歌詞担当
* アンジェロ・ブランドゥアルディ: ''Alla fiera dell'est|Highdown Fair'' (1978年) ※『''Alla fiera dell'est''』英語盤の歌詞担当
* ピート・シンフィールド、ロバート・シェクリー、[[ブライアン・イーノ]]: ''In a Land of Clear Colours'' (1978年) ※ナレーション
* アンジェロ・ブランドゥアルディ: ''La pulce d'acqua|Fables and Fantasies'' (1980年) ※『''La pulce d'acqua''』英語盤の歌詞担当
* [[クリス・スクワイア]] & [[アラン・ホワイト]]: "Run with the Fox" (1981年) ※歌詞担当
* バックス・フィズ: 『夢のハッピー・チャンス』 - ''Bucks Fizz'' (1981年) ※歌詞担当