「日蓮宗」の版間の差分

 
====日蓮の一念三千====
日蓮は、天台教学を「迹門の妙法蓮華経(法華経)」であり「理の一念三千」と呼んで、その思弁性・観念性を批判し、みずからの教を本門として「事の一念三千」を説き、実践的・宗教的であらねばならないとした{{Sfn|村上重良|1981|pp=102-103}}。日蓮はまた、法(真理)をよりどころとすべきであって、人(権力)をよりどころとしてはならないと説いた。かれはさらに、仏法と王法が一致する王仏冥合を理想とし、正しい法にもとづかなければ、正しい政治はおこなわれないと主張したのである{{Sfn|村上重良|1981|pp=102-103}}。また、王法(政治)の主体を[[天皇]]とし、天皇であっても仏法に背けば仏罰をこうむるとし、宗教上での天皇の権威を一切めないする仏法絶対の立場に立った{{Sfn|村上重良|1981|pp=102-103}}。
 
===分派===
匿名利用者