「牧野康成 (大胡藩主)」の版間の差分

m
補足
編集の要約なし
m (補足)
[[慶長]]5年([[1600年]])の[[関ヶ原の戦い]]では、[[徳川秀忠]]軍に属して[[真田昌幸]](西軍)が守る[[信濃国]][[上田城]]攻めに参加した。徳川方の刈り田働き阻止をめぐる偶発的戦闘で、康成は友軍の危機を救援することを命じたが、これが城攻めにまで発展した。しかしこの城攻めは秀忠に無許可で、しかも結果は惨敗であったため、康成はその責を問われた。直接指揮をした部下の贄掃部を切腹させるよう命じられたが、康成は自ら責を負うとしてこれを拒否した。嫡男の[[牧野忠成 (越後長岡藩初代)|忠成]]もこの命令に逆らい、贄らを伴い出奔したため大いに秀忠の怒りを買い、康成は上野国吾妻に蟄居処分となる<ref>下記参考文献の2、21 - 22頁および188 - 189頁。</ref><ref>牧野隊は真田方の策に気付かずに康成・忠成父子の指揮の下、上田城下に攻め入っており、家臣たちの助けで危うく難を逃れた。旗奉行の贄掃部は主君の失態の身代わりとして切腹を命じられていたとされる。</ref>。
 
その後、慶長9年([[1604年]])に[[徳川家光]]が誕生したことによる恩赦で処分が解かれ、[[大胡藩]]2万石に戻った。ただしこの間、[[改易|潰し]]の状態ではなかった。この時より公事は、嫡子・忠成にまかせて大胡に閑居し、そのまま慶長14年(1609年)12月に死去した。法名は月照院殿前典厩応誉栄感称徳大居士。葬地は[[群馬県]][[前橋市]]堀越町の浄土宗養林寺。
 
== 馴れ合い説 ==