メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
 
これらは『[[美少女戦士セーラームーン (テレビドラマ)|実写版 美少女戦士セーラームーン]]』、『[[まるまるちびまる子ちゃん]]』、『[[チョコミミ]]』、『[[ガールズ×ヒロイン!シリーズ]]』などの層を重ねる[[特撮]]番組および実写[[テレビドラマ|ドラマ]]においても、踏襲されている。
 
<br />
 
=== 主人公の年齢 ===
;少女漫画が原作の作品
 
''[[{{See also|少女向けアニメ#幼児・小中学生向け作品]]も参照のこと。''}}
 
主に『[[なかよし]]』・『[[りぼん]]』・『ちゃお』の3大小中学生向け少女漫画雑誌が強かった分野であり、テレビアニメの草創期から長年にわたって漫画原作作品のアニメ化やテレビアニメの漫画化でタイアップすることが多かったが、2010年代以降は[[全日帯]]に放送される番組において、少女漫画原作の作品がテレビアニメ化される機会自体が大幅に減っている<ref group="注">過去には『[[ひとみ (雑誌)|ひとみ]]』([[秋田書店]]・1991年休刊)や、『なかよし』の姉妹誌となる『[[月刊キャロル|キャロル]]』(講談社・1984年休刊)と『[[るんるん (講談社)|るんるん]]』(講談社・1993年休刊)、3大少女漫画雑誌より高年齢層向けとなる『[[少女コミック]]』(小学館)、『[[マーガレット (雑誌)|マーガレット]](集英社)、『[[花とゆめ]]』([[白泉社]])、『[[LaLa]]』(白泉社)』や、[[小学館の学年別学習雑誌]]の『[[小学一年生]]』(2017年度から学習面に特化したリニューアルを行い、『[[ドラえもん]]』を除くアニメ系コンテンツを削除)・『[[小学二年生]]』(2017年休刊)・『小学三年生』(2012年休刊)・『小学四年生』(2012年休刊)に掲載された作品もアニメ化されたことがある。</ref>。また『ちゃお』関連の作品の一部は『ぷっちぐみ』にも漫画が掲載されている。
 
2000年代は『ちゃお』原作作品から『わがまま☆フェアリー ミルモでポン!』・『きらりん☆レボリューション』などをヒットさせていたが、『なかよし』・『りぼん』を含む『ちゃお』以外に掲載されていた作品からは1990年代とは一転してヒット作が少ない状況になっていた。さらに2010年代になると『ちゃお』も含め、3大小中学生向け少女漫画雑誌に連載された原作漫画がテレビアニメ化される機会が大幅に少なくなっている。その一方で『なかよし』の1990年代の人気作品だった『セーラームーンシリーズ』と『カードキャプターさくら』は放送終了後15年以上経過して尚、当時の視聴者に人気を誇り、前者は2014年から成人女性を主な対象とした新作『[[美少女戦士セーラームーンCrystal]]』が、後者は2018年に続編『カードキャプターさくら クリアカード編』が放送された。
 
<br />
 
== 補足 ==
38,135

回編集