「ショウ・ブラザーズ」の版間の差分

m
 
== 黄金期を支えた監督たち ==
*[[リー・ハンシャン]]([[李翰祥]])・・・代表作は『梁山伯祝英台』『傾国傾城』。伝統的な中国歌劇をモチーフに、官能的な大人の映画を製作した。
*[[胡金銓|キン・フー]](胡金銓)・・・『[[残酷ドラゴン 血斗竜門の宿]]』『[[大酔侠]]』のような武侠映画でハイレベルな作品を発表した。
*[[チャン・チェ]](張徹)・・・『[[片腕必殺剣]]』『[[ヴェンジェンス 報仇]]』など勇敢な男達の絆と友情を描いた作品を次々に出した。[[ティ・ロン]](狄龍)、[[姜大衛|デヴィッド・チャン]](姜大衛)、[[ダニー・リー (俳優)|ダニー・リー]]([[李修賢]])らの看板スターが世に出た。また助監督を務めていた[[ジョン・ウー]]も、彼のもとで成長を遂げた。