メインメニューを開く

差分

27.143.158.150 (会話) による ID:71697684 の版を取り消し
ジャガイモは南米アンデス中南部の[[ペルー]]南部に位置する[[チチカカ湖]]畔が発祥とされる<ref>{{Harvnb|山本紀夫|2004}} - 山本は「中央アンデス高地の市で売られている多種多様な品種のジャガイモはアンデスの人々が何千年もかけて改良した結果に他ならない」と述べている。</ref><ref>{{Harvnb|山本紀夫|2004}} - 山本は、同時にジャガイモの祖先種と見られる[[野生種]]の存在についても言及している。</ref>。もっとも初期に栽培化されたジャガイモは ''Solanum stenotomum'' と呼ばれる[[染色体]]数24本の[[二倍体]]のもので、その後四倍体の ''Solanum tuberosum'' が栽培化され、現在世界中で広く普及するに至ったとされている{{Sfn|山本紀夫|2004}}。
 
このジャガイモが[[ヨーロッパ大陸]]に伝えられたのは、[[インカ帝国]]の時代、15世紀から16世紀頃とされている。当初、インカ帝国の食の基盤は[[トウモロコシ]]ではないかと伝えられていたが、[[ワマン・ポマ]]が19241615年に残した記録<ref>アンデスの歴史や文化について書かれた資料『新しい記録と良き統治』において、ジャガイモの植え付けを行う人の様子が記録されている。</ref>や[[マチュ・ピチュ]]の段々畑の史跡研究、気象地理条件<ref>トウモロコシは温暖な気候に適した作物であり、3500mを超える高地での栽培跡が確認できていない一方、ジャガイモは4000m級の場所でも栽培跡が確認されている。</ref>、食生活の解析<ref>[[インカ人]]の人骨に含まれるたんぱく質から生前の食生活を解析した結果、主要な食料源はイモ類、豆類であったことが判明した。</ref>など、複数方面からの結果が、食基盤がジャガイモであったことを示しており、近年見直しが図られている<ref>{{Cite |和書 |author=石毛直道 |title=食文化探訪 |date=1998 |publisher=新人物往来社 |isbn=4404026846 |ref=harv}}</ref>。しかし、具体的に「いつ」「誰が」伝えたのかについてはっきりとした資料は残っておらず、[[スペイン人]]がジャガイモを本国に持ち帰ったのは1570年頃で、新大陸の「お土産」として船乗りや兵士たちによってもたらされたものであろうと推測付けられている<ref>ラリー・ザッカーマン『じゃがいもが世界を救った』</ref>。さらに1600年頃になるとスペインからヨーロッパ諸国に伝播するが、この伝播方法にも諸説あり、はっきりとは判明していない<ref>{{Harvnb|伊藤章治|2008}}では、イギリスへの伝播についてはスペインの船がアイルランド沖で座礁し、積荷のジャガイモが知られるようになったとする説や、航海家[[ウォルター・ローリー]]による説などが紹介されている</ref>。いずれにせよ16世紀末から17世紀にかけては植物学者による菜園栽培が主であり<ref>[[観葉植物]]として楽しまれていたが、16世紀の後半[[エリザベス1世]]がジャガイモの若芽を食べてしまい、それに含まれている有害物質のソラニン中毒になったことなどもあり、普及が遅れた。</ref>、ヨーロッパの一般家庭に食料としてジャガイモが普及するのは、さらに時を待たねばならない。普及は、[[プロイセン王国]]で[[三十年戦争]]により荒廃し、飢饉が頻発した際に作付け(栽培)が国王の勅命により強制、奨励されたことや、踏み荒らされると収穫が著しく減少する[[ムギ]]に代わり、地下に実るため踏み荒らしの影響を受け難い作物として、農民に容易に受け入れられた結果である<ref name="seikatsueisei1957.29.177">[https://doi.org/10.11468/seikatsueisei1957.29.177 神戸保:ジャガイモ] 生活衛生 Vol.29 (1985) No.3 P.177, {{doi|10.11468/seikatsueisei1957.29.177}}</ref>。さらにジャガイモは18世紀には、[[アイルランド系アメリカ人|アイルランド移民]]の手により北アメリカへ渡り、[[アメリカ独立戦争]]における兵士たちの胃袋を満たす貴重な食料源となった。
[[ファイル:IrelandEuropePopulation1750.PNG|thumb|350px|アイルランドと1750年からのヨーロッパの人口の変動。1845年から49年にかけてのアイルランドでの[[ジャガイモ飢饉]]の悲惨な結果とそれ以前の人口増加を表している。]]
[[アイルランド]]の小作農家たちは元来は主にムギを栽培していたが、地主に地代を納めなくてもよい自分らの小さな庭地で、生産性の非常に高いジャガイモの栽培を始めた。それによって、ジャガイモが貧農の唯一の食料となってゆき、飢饉直前には人口の3割がジャガイモに食料を依存する状態になっていた。ジャガイモは寒冷地でも良く育ち、アイルランド人口の増加を支えた。しかし、1845年から1849年の4年間にわたってヨーロッパ全域でジャガイモの疫病が大発生し、壊滅的な被害を受けた。ジャガイモを主食としていた被支配層のアイルランド人の間からは、[[ジャガイモ飢饉]]で100万人以上ともいわれる多数の餓死者を出した。また、イギリス、北アメリカ、オーストラリアなどへ、計200万人以上が移住したといわれる。アメリカ合衆国に渡った[[アイルランド系アメリカ人|アイルランド人移民]]はアメリカ社会で大きなグループを形成し、経済界や特に政治の世界で大きな影響力を持つようになった。この時代のアメリカへの移民の中には、[[ケネディ家]]の先祖も含まれていた。
185

回編集