「ザ・リリーズ (女性アイドル)」の版間の差分

* 1960年12月7日、北海道夕張市で[[清水沢駅]]近くに所在した電器店を実家<ref>1960年[[11月]]、[[夕張川]]清水沢ダム左岸台地上(現・清水沢清陵町)に[[温泉]](燕温泉・清水沢温泉センター・ホテル白樺)を開発・経営した人物(『夕張市史』)と{{要出典範囲|同族に当たる|date=2017年3月}}。</ref>として生まれる。
* [[1974年]]、肉親によるオーディション応募を機として<ref>出典 [http://www.1242.com/program/otopara/2016/02/18/ 今夜もオトパラ 番組インフォメーション]</ref>[[渡辺プロダクション|渡辺プロ]]に所属、北海道の道花[[鈴蘭]]の英語名よりグループ名が決定される。
* 1975年、『水色のときめき』で[[EMIミュージック・ジャパン|東芝EMI]](「[[EMIミュージック・ジャパン#過去のレーベル|東芝レコード]]」レーベル)からデビュー。同年引退した同事務所所属の同じ双子[[女性]][[歌手]]の[[ザ・ピーナッツ]]の後継として期待がかけられ、{{要出典範囲|事務所の方針としてザ・ピーナッツ引退により、デビュー時期を早めたとされる|date=2017年3月}}
* 2ndシングル『好きよキャプテン』([[松本隆]]作詞・[[森田公一]]作曲)が最大のヒット曲となり、1975年度[[新宿音楽祭]]銅賞を受賞するなど広く知られるが、デビュー当初は[[フォークソング]]を意識した[[バラード]]調のものが多かった。また、歌手活動と並行して、クイズ番組「[[ズバリ!当てましょう]]」の[[アシスタント]]や時代劇「[[銭形平次 (大川橋蔵)|銭形平次]]<ref>ただし、出演名義は「つばめ真由美・つばめ奈緒美」とされている。</ref>」に[[レギュラー]]出演するなど、[[タレント]]としても活躍する。
* 1981年にリリースされた『シェルの涙』を以て東芝EMIから離れ、渡辺プロからも独立。3年程度新曲を発表せず、音楽性を模索しながらテレビタレントとして活動する。
匿名利用者