「愛のテーマ (ゴッドファーザー)」の版間の差分

m
== その他 ==
 
*ニーノ・ロータは映画「[[ゴッドファーザー (映画)|ゴッドファーザー]]」で[[1973年]]の[[アカデミー作曲賞]]にノミネートされていたが、かつてロータ自身が作曲を担当したEduardo De Filippo作のコメディ「Fortunella」のテーマを流用したことが発見され、土壇場で候補から下ろされた。「Fortunella」のテーマは、はぎれのよい[[スタッカート]]のコメディ・スタイルで演奏されていたが、メロディーは「ゴッドファーザー」の「愛のテーマ」とほぼ(※)同じである。そのためオスカーの受賞は見送られた<ref>[https://archive.is/20120915120909/www.variety.com/blog/890000489/post/370020437.html Jonny Greenwood's 'Blood' score disqualified by AMPAS] - 2008年1月21日(2012年9月15日時点の[[Archive.is]] 現:[[archive.today]])</ref>。このような事情があり、1972年と同じ愛のテーマを使用したにもかかわらず、[[ゴッドファーザーPARTII PART II]]は1974年の[[アカデミー作曲賞]]を受賞している。
※ゴッドファーザーではただし前半と後半部分のみを転用したのであって、中間部分は民謡からの転用である。
しかしFortunellaでは有名な小節部分の繰り返しである。その前後は独立している。