「相模鉄道」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
相互直通運転先は、JR直通線については[[湘南新宿ライン]]・[[埼京線]]([[赤羽線]])・[[川越線]]方面<ref name="shin-yoko20181009">{{Cite web |date=2018-10-09 |url=https://shin-yoko.net/2018/10/09/sotetsu_jr/ |title=JR線内でも「相鉄」を強烈に印象付けるデザインに、直通線用の新型車6編成を投入へ |publisher=新横浜新聞 |accessdate=2018-12-28 |quote=相互乗り入れが取り沙汰されている埼京線(大崎~池袋~大宮)では、すでに「E233系」と呼ばれる…}}</ref>(品川駅・東京駅および[[上野東京ライン]]方面への乗り入れも別途検討<ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXNASFB1704E_X21C13A2EB2000/ 相鉄とJR東の直通運転、品川・東京方面も検討] - 日本経済新聞 2013年12月27日</ref><ref>[http://www.kanaloco.jp/article/198289 品川・東京方面への乗り入れ検討申し入れへ 神奈川東部方面線で横浜市長] - 神奈川新聞 2016年9月10日</ref>しているものの、横須賀線経由で[[総武快速線]]への乗り入れは予定されていない。品川駅・東京駅および上野東京ライン方面への直通列車も開業時点では設定されない<ref>[https://shin-yoko.net/2018/12/12/sotetsu_jr-2/ <相鉄・JR直通>品川・東京駅へ乗り入れ「困難」、2020年春までの開業は「確実」] - 新横浜新聞。2018年12月12日発信、2018年12月28日閲覧。</ref>)となることが決定しており、JR東日本からは埼京線・川越線所属の[[JR東日本E233系電車|E233系7000番台]]が相鉄に乗り入れることが明らかになっている<ref name="shin-yoko20181009" />。
 
JR東日本とは、2018年12月31日までに埼京線・川越線にも追加で直通することを正式に決定した上で、相鉄新横浜線の一部区間を2019年12月に開業させることで調整を開始した<ref>[https://www.sankei.com/life/news/181231/lif1812310013-n1.html JR東日本と相模鉄道直通、19年12月軸に調整] - 産経ニュース。2018年12月31日発信、209年1月3日閲覧。</ref><ref>[https://www.sankei.com/photo/story/news/190101/sty1901010001-n1.html JR相鉄直通、今年12月軸 埼玉-神奈川の直結列車も] - 産経ニュース。2019年1月1日発信、同年1月3日閲覧。</ref><ref>2019年1月1日神奈川新聞朝刊第30面記事「JRと相鉄の相互直通運転 19年12月軸に調整」</ref>。
 
JR直通線対応車両として、相鉄では12000系の導入を計画中<ref name="kanaloco171219"/><ref name="相鉄設備投資計画2018"/>であり、11000系もJR直通線で使用する予定である。