「イエスの幼少時代」の版間の差分

→‎トマスによるイエスの幼時物語: 英語頁に雀の記述があったので対応する第2章を追加
(→‎トマスによるイエスの幼時物語: 英語頁に雀の記述があったので対応する第2章を追加)
ルカ福音書は、その誕生物語の最後に、神殿における十二歳のイエスの物語を、イエスの少年時代のエピソードとして叙述している。ここでは誕生物語と、十二歳のイエスの物語との間は全く空白であり、ルカはそれを、「幼な子は成長し、知恵に満ちて力強くなり、神の恵みがいつもその上にあった。」(ルカによる福音書2.40、2.52)という句で埋めている。トマスによるイエスの幼時物語は、この空白を埋めようとしているように思われる。それは五歳から十二歳までのイエスの物語であって(五歳=2章、六歳=11章、八歳=12章、12歳=19章)、ルカ福音書の神殿における十二歳のイエスの物語で終わっている。<ref>「聖書外典偽典6」教文館 p117-118 本文抜粋</ref>
 
参考までに第1章と第2章と第6章と第13章、第19章(終章)を載せる。
:【第1章】
: わたし、イスラエル人トマスは、異邦人から成るすべての兄弟に、わたしたちの主イエス・キリストの幼年時代と、彼がわたしたちの地で生まれて行なったすべての大いなる業を知らせる必要があると考える。その始めは次のようであった。<ref>「聖書外典偽典6」教文館 p123 本文抜粋</ref>
 
:【第2章】
: この少年イエスが五歳の時であった。雨が降って流れの浅瀬で遊んでいた折、流れる水を穴に集め、即座に清くしてしまった。しかも言葉で命じただけであった。
: また柔らかい粘土をこね、それで一二羽の雀の形作った。これを作ったのは安息日の時のことであった。そしてほかのたくさんの子供たちが一緒に遊んでいた。
: するとあるユダヤ人が、イエスが安息日に遊びながらしたことを見て、すぐに行って彼の父ヨセフに告げた。「ごらんなさい、あなたの子供は小川のほとりにいて、泥を取って一二羽の鳥を作り、安息日を汚した。」
: そこでヨセフはその場所へ来て、それを見、大声をあげて言った。「何故安息日にしてはならないことをする。」するとイエスは手を打ってその雀に叫んで言った。「行け」。そうすると雀は羽を広げ、鳴きながら飛んで行ってしまった。
: そしてユダヤ人たちはそれを見て驚き、行って長上の人たちに、彼らが見た通りに、イエスのなしたことを物語った。<ref>「聖書外典偽典6」教文館 p124 本文抜粋</ref>
 
:【第6章】