メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
== 来歴・人物 ==
=== プロ入り前 ===
[[大阪体育大学浪商高等学校|浪商高校]]では3度甲子園に出場。[[1960年]]、2年生の時に、1年生エース[[尾崎行雄 (野球)|尾崎行雄]]を擁し、五番打者、[[二塁手]]として[[第42回全国高等学校野球選手権大会|夏の甲子園]]に出場。2回戦で[[法政大学第二中・高等学校|法政二高]]の[[柴田勲]]投手に完封負け。翌[[1961年]]は三番打者として春夏の甲子園に出場。[[第33回選抜高等学校野球大会|春の選抜]]では準々決勝でまたも法政二高に敗れるが、1回戦で大会第1号本塁打を記録している。[[第43回全国高等学校野球選手権大会|夏の選手権]]では、準々決勝で[[中京大学附属中京高等学校|中京商]]の[[山中巽]]投手から本塁打を放つなど活躍、順調に勝ち進む。準決勝で因縁の法政二高を延長11回2-4で破り、決勝に進出。[[和歌山県立桐蔭中学校・高等学校|桐蔭高]]を1-0で降し優勝<ref name="阪急ブレーブス黄金の歴史p61">阪急ブレーブス黄金の歴史 [永久保存版] よみがえる勇者の記憶 1936-1988、[[ベースボール・マガジン社]]、2011年、P61</ref>。高校同期に[[捕手]]の[[大塚弥寿男]][[三塁手]][[大熊忠義]][[三塁手]]、2学年下に、大学でも後輩となる[[高田繁外野手]][[外野手高田繁]]がいた。
 
卒業後は[[明治大学]]に進学。[[東京六大学野球連盟|東京六大学野球リーグ]]では優勝に届かなかったが、[[1963年]]春季リーグでベストナイン(二塁手)に選出される。同年秋季リーグの明立2回戦では、走者であった[[土井正三]]との接触プレーを巡り、高校同期の前田周治([[立教大学硬式野球部|立大]]-[[立正佼成会]]-[[河合楽器硬式野球部|河合楽器]])との乱闘事件を起こす。2年先輩の主将、[[倉島今朝徳]]が責任を取って出場停止処分を受けるなど大きな不祥事となった。[[1965年]]春季リーグは[[法政大学野球部|法大]]と優勝を争うが惜しくも2位に終わった。大学同期にはエースの村井俊夫([[日立製作所硬式野球部|日立製作所]])、[[一塁手]]の米沢武([[クラレ岡山硬式野球部|クラレ岡山]])らがいた。
 
=== 現役時代 ===
5,545

回編集