「2006 日本女子サッカーリーグ」の版間の差分

m
cewbot: ウィキ文法修正 16: Unicodeの制御文字
m (cewbot: ウィキ文法修正 16: Unicodeの制御文字)
 
ディビジョン2では3シーズンぶりの1部復帰を目指して[[TASAKIペルーレFC]]などから選手を補強した[[AC長野パルセイロ・レディース|大原学園JaSRA女子サッカークラブ]]と、2年連続してあと一歩のところで昇格を逃していた[[アルビレックス新潟レディース]]の2強が勝ち星を重ねて昇格争いを抜け出し、そのあとには新規参入ながらリーグ加盟前から実力を発揮した[[福岡J・アンクラス]]と、セレクションなどによる強化が実を結んだ[[ジェフユナイテッド市原・千葉レディース]]が激しい3位争いを展開。これら4チームが5位以下のチームに大差をつけて迎えた最終節、1位と2位、3位と4位はそれぞれ勝ち点差で並んだため、得失点差により1位となった新潟が念願の1部昇格を達成。2位になった大原学園は無敗ながら入れ替え戦に回ることとなった。
 
一方、下位4チームではすべてのチームの勝ち星が1桁に終わり、なかでも最下位の[[熊本ルネサンスフットボールクラブ|ルネサンス熊本フットボールクラブ]]は得点6、失点108、得失点差-102という記録を残した。
 
リーグ戦全日程終了後の11月11日には入れ替え戦(1試合制)が[[江戸川区陸上競技場]]で行われ、それにより高槻の降格と大原学園の昇格が決定。大原学園は[[2004 日本女子サッカーリーグ|2004年シーズン]]以来の1部復帰となり、高槻はリーグ優勝経験のあるチームとして初の降格となった。
*[[清水第八プレアデス|清水第八スポーツクラブ]]:[[静岡県]][[静岡市]]
*[[ASエルフェン狭山FC]]:[[埼玉県]][[狭山市]]
*[[熊本ルネサンスフットボールクラブ|ルネサンス熊本フットボールクラブ]]:[[熊本県]][[熊本市]]
*[[アルビレックス新潟レディース]]:[[新潟県]][[北蒲原郡]][[聖籠町]]
*[[福岡J・アンクラス]]:[[福岡県]][[春日市]](新規参入)
364,159

回編集