「ピクセル」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''ピクセル'''({{lang-en-short|pixel}})、または'''画素'''とは、[[コンピュータ]]で画像を扱うときの、色情報 (色調や階調) を持つ最小[[単位]]、最小[[要素]]。しばしばピクセルと同一の言葉として使われる[[ドット]]とは、後者が単なる物理的な点情報であることで区別される。例えばディスプレイにおいて320×240ピクセルの画像を100%表示すれば320×240ドットとなるが、200%表示ならば640×480ドットとなる。
 
ピクセルは、一般的に「写真の要素」を意味する英語の「{{lang|en|picture element}}」からの造語、または「写真の細胞」を意味する英語の「{{lang|en|picture cell}}」からの造語とされる<ref>{{cite web|url=http://panda.ecs.cst.nihon-u.ac.jp/oyl/CG/yougo/yougo_ha.html#ha_gyou|title=は行 (CG 用語辞典)|publisher=[[日本大学理工学部]] 吉川・山口研究室|accessdate=2009-10-31}} リンク切れ。</ref>{{リンク切れ|date=2018年2月}}<ref>{{cite web|url= http://yylab.ce.cst.nihon-u.ac.jp/CG/yougo/yougo_ha.html|archiveurl= https://web.archive.org/web/20180204140617/http://yylab.ce.cst.nihon-u.ac.jp/CG/yougo/yougo_ha.html#Pixel|title=は行 (CG 用語辞典 Ver 1.50h)|publisher=日本大学理工学部 [[日本大学理工学部#学科・コース一覧|応用情報工学科]] 吉川・山口研究室|accessdate= 2018-02-04|archivedate= 2018-02-04}}</ref>。picture elementのもう一つの略語'''pel'''は、日本語で'''絵素'''(えそ)と表現するされ、その場合に限り「画素をサブピクセルを意味する用語として位置付けることもあっ使われたが、この用法は歴史的用語となりつつある。
 
[[ファイル:Pixel-example.png|thumb|300px|ピクセルの拡大図の例]]
455

回編集