「島津綱久」の版間の差分

 
== 生涯 ==
寛永9年(1632年)4月、第2代藩主・[[島津光久]]の長男として生まれる。母は正室・曹源院殿([[伊勢貞豊]]の娘(曹源院殿、<ref>島津家[[薩摩藩]]家老]]・[[伊勢貞昌]]の子。</ref>の娘<ref>曹源院殿の母は[[種子島久時 (16代)|種子島氏十六代久時]]の娘。つまり種子島久時は母方の祖父にあたる。</ref>)。[[慶安]]4年([[1651年]])、[[征夷大将軍|将軍]]・[[徳川家綱]]より、「松平」の名字と、「綱」の一字([[偏諱]])を賜って'''松平薩摩守綱久'''と称する(村川浩平「島津氏への松平氏下賜」)。嫡男として光久の後継者と目されていたが、延宝元年(1673年)2月、父に先立って42歳で早世した。代わって長男の綱貴が[[家督]]を継いだ。<!-- 小説などでは幕府隠密に毒殺されたとされることもあるが、真偽は不明である。 -->
 
== 人物、逸話 ==
*[[剣術]][[示現流]]宗家師範家の[[東郷氏 (薩摩国)|東郷氏]]と関係があり、[[東郷重利]]に子の[[東郷実満|実満]]が誕生した時には祝福し、実満を見たがっていたが、叶うことなく綱久は死去したという(示現流聞書喫緊録付録系図)。
== 脚注 ==
 
<references/>
{{Japanese-history-stub}}
{{DEFAULTSORT:しまつ つなひさ}}