メインメニューを開く

差分

m
 
=====特別廃車=====
[[日中戦争]]が勃発した[[1937年]]以降、軍の要請により日本が支配する[[外地]]([[植民地]])の鉄道整備のため、鉄道省に在籍する車両が改造のうえ彼地へ送られた。これを一般に'''戦時供出'''といい、対象となった車両には'''特別廃車'''の手続が取られた。
 
1937年から1938年にかけては、主に[[中国]]の[[華中鉄道]]や[[華北交通]]向けに[[国鉄9600形蒸気機関車|9600形]]や[[国鉄C51形蒸気機関車|C51形]]などの蒸気機関車の他、[[国鉄スハ32系客車|スハ33000形客車]]や[[国鉄キハ40000形気動車|キハ40000形]]、[[国鉄キハ07形気動車|キハ42000形気動車]]などが、[[標準軌]]に改造のうえ供出された。
 
太平洋戦争が始まると、今度は南方の[[タイ王国|タイ]]や[[ミャンマー|ビルマ]]、[[海南島]]などの占領地で建設された軍用鉄道向けに、多数の機関車が供出された。[[泰緬鉄道]]に供出された[[国鉄C56形蒸気機関車|C56形]]が代表的であるが、[[国鉄C12形蒸気機関車|C12形]]、[[国鉄C50形蒸気機関車|C50形]]、[[国鉄C58形蒸気機関車|C58形]]、[[国鉄D51形蒸気機関車|D51形]]なども対象となっている。これらは1m軌間に改造のうえ発送されたが、途中で輸送船が撃沈されるなどして失われたものも多い。
 
戦後残ったものは所在する国に接収され、その国の鉄道で使用された。[[タイ国道|タイ国鉄]]に引き継がれたC56形のように、その後の消息が比較的聞かれ、その後日本に帰還したものもあるが、ほとんどの消息は不明となり、人知れず異郷の土となった。
 
====事故・災害廃車====
116,081

回編集