「フラウト・トラヴェルソ」の版間の差分

m
m
モダン・フルートと比べると極めてシンプルで、複雑なキーメカニズムはなく、頭部管のリッププレートもない。外径は全体的にモダンフルートよりも太く、内径は頭部管から足部管に向かってしだいに小さくなる円錐形になっている。管の結合部はテノンと呼ばれ、糸を巻いてあるものと薄い[[コルク]]を巻いてあるものとがあり、適宜コルクグリースを塗布して気密を保つ。
 
[[ファイル:6key-flute.jpg|thumb|300px|6キークラシカル・フルート(6キー)]]
古典派以降の時代になると、より多くの調に対応できるよう、半音を出すための新たなトーンホールが設けられ、これを開閉するキーが付け加えられていった。さらに、高音域を出しやすくするために管の内径を細めるなどの改変がなされて、いわゆる「クラシカル・フルート」「ロマンチック・フルート」へと変貌していく。これによって音は明るさや軽やかさを増していったが、これらは当時の楽器製作者たちが、それぞれの考えに基づいて行ったものなので、統一されていたわけではなく、運指も複雑となって運動性能が良いとは言い難く、必ずしも十分な効果が得られたわけではない。
[[File:Meyer Flute.jpg|thumb|300px|right|メイヤー式フルート(円錐管、10(10キー)]]
1847年の[[フルート#ベーム式フルートの登場|ベーム式フルートの登場]]によって、トラヴェルソの時代は終焉を迎えるが、トーンホールの径を大きくして音量を増すなどの改良が加えられた多キーのメイヤー式フルートは、フランスを除くヨーロッパやアメリカで、1930年代まで使われていた<ref name="Shouzou">前田りり子 『フルートの肖像(その歴史的変遷)』 東京書籍,2006年,ISBN 4-487-80138-9</ref>。
 
6,691

回編集