メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
一回の放送につき三人ほどの懺悔の模様が放送されたが、実際には、たとえゲストであろうと番組でNGを出した者全員が懺悔室の対象であり、放送時間の関係で面白いものだけが放送されたと後に明された。「'''懺悔! 懺悔!'''」は当時流行語になり、後述通りパロディも多数登場した。ADが悪ノリして多くの水をかけるのはほとんどが男性出演者に対してであり、概して女性出演者には甘かったが、例外的に[[山田邦子]]や[[山村美智子]]に対しては容赦なく大量の水をかけていた。なお神様の裁定時の判定における手の動きだが、「マル」のときはスローだったのに対し、「バツ」のときは逆に素早い動作だった。
 
また、NGを出さなくても懺悔室に送られるケースもあり、[[西川のりお]]は『金儲けしすぎ』という全く番組に関係ない理由で懺悔させられ、水をかけられたことがある。また、公開収録の『ひょうきん公開懺悔室』では、収録に使っていた[[ベータマックス]]のビデオデッキのサーチリワインド<ref>当時はベータ、[[VHS]]ともにまだまだ未完成で、再生しながらのサーチリワインドなどの特殊再生でテープがヘッドの走査から外れて再生が停止してしまう事がよくあった。L750やT-140などの長時間用薄膜テープが詰まることもよくあった。</ref>でテープを詰まらせたと言う理由で[[明石家さんま]]が懺悔するハメになったこともある。
 
懺悔室に送り込まれる対象は拡大して行き、レギュラーが出演した全番組、プライベート、営業(後述の出張懺悔室)、当時のフジテレビ系番組出演者全員、[[フジネットワーク]]局員<ref>スケジュールの都合で懺悔だけして帰る弾丸出張の社員もいたようである。</ref>、果てはフジテレビ乗り付けの[[タクシー]]運転手、間違えて[[テレビ朝日]]にスタッフ用の[[弁当]]を届けた仕出し店の配達員、収録中の客にまで広がり、当時フジテレビアナウンサーだった[[逸見政孝]]や編成局長であった[[日枝久]](現・相談役)が送り込まれた回もあった。もちろん神父<ref>上司の懺悔でマルを指示しようとした所をたけしに見つかりキレられた。</ref>や神様<ref>主にマルとバツを取り違えた場合。この場合、取り違えられた相手が神様の位置に立ち、入れ替わりに神様が跪いて懺悔する。</ref>も、NGを出せば容赦なく懺悔室の対象となった。
匿名利用者