「ネコヤナギ」の版間の差分

編集の要約なし
(3mを3cmに)
[[北海道]]〜[[九州]]までの河川の水辺で見られ、早春に川辺で穂の出る姿は美しいものである。他のヤナギ類の開花よりも一足早く花を咲かせることから、春の訪れを告げる植物ともみなされている。暖かく湿潤な環境を好む。他のヤナギ類よりも水際に生育し、株元は水に浸かるところに育つ。根元からも枝を出し、水に浸ったところからは根を下ろして株が増える。葉は細い楕円形でつやがない。初夏には綿毛につつまれた種子を飛ばす。
 
花期は3〜4月。雌雄異株で、[[雄株]]と[[雌株]]がそれぞれ雄花と雌花を咲かす。花の高さは3cm3cmほど。
 
銀白色の毛で目立つ花穂が特徴的であり、「ネコヤナギ」の和名はこれを[[ネコ]]の[[尾]]に見立てたことによる。花穂は生け花にもよく用いられる。
匿名利用者