「オリバー・カーン」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
1998-99シーズンの[[UEFAチャンピオンズリーグ]]決勝は{{要出典範囲|大会史上に残る名勝負となったが|date=2017-04}}、終了直前の3分間に2失点を喫し、[[マンチェスター・ユナイテッドFC|マンチェスター・ユナイテッド]]に敗れた。1999-00シーズン以降、4年連続で欧州最優秀ゴールキーパーに選出されている。またドイツサッカー雑誌「[[キッカー (新聞)|キッカー]]」の選手ランキングでも幾度も「ワールドクラス」の評価を得ており、1999年から2003年頃までドイツの各テレビや雑誌では世界ナンバーワンGKと紹介された。
 
2000-01シーズンには自らの活躍により、バイエルンをUEFAチャンピオンズリーグ優勝に導き、2年前の雪辱を果たした。[[2002  FIFAワールドカップ]]後は、{{要出典範囲|私生活の問題もあってコンディションを落としたが、2004-05シーズンには完全復活した|date=2017-04}}。
 
バイエルン・ミュンヘンとの契約が切れた2008年限りで現役を引退。2008年9月2日、[[ミュンヘン]]で引退記念試合が行われ、21年間の現役生活に終止符を打った。
匿名利用者