「コブラ (架空の人物)」の版間の差分

219.111.90.112 (会話) による ID:71903519 の版を取り消し LTA:GORDON
(219.111.90.112 (会話) による ID:71903519 の版を取り消し LTA:GORDON)
タグ: 取り消し
 
無用な殺人を嫌い、生業である海賊稼業に関しても「殺人はせずスマートにやりたい」と自らの信条を口にしており、信条を曲げずに仕事をすることがどうしても無理であると判断すれば、どのような宝が目の前にあろうとあっさり諦める。その一方で悪党相手や自衛のためなら殺人もいとわず、特に激怒した時や血も涙もない悪党に対しては「地獄が寝ぐら、悪魔が友の、本物の殺人者」の顔を見せて一切容赦しない。
 
“海賊”と一応呼ばれているが、本業は窃盗犯で、厳密には[[宇宙海賊]]ではない。しかも標的は“高嶺の花”である財宝や希少品の美術品に限られており、難攻不落の厳重な警備を己の才覚と装備のみで潜り抜け、盗み取ることに生き甲斐を見出している。またその標的が実は[[古代火星文明]]の遺物であり[[海賊ギルド]]にも宇宙征服の手段として狙われていると知った場合、「銀河パトロールよりも嫌いなギルド」のその野望を阻止するために所有者と共闘することもある。“自分までも死にたくないから戦うだけ”であり、結果的に銀河系宇宙全員を救うことになるのは自身にとっては“行き掛けの駄賃”に過ぎない。典型的[[義賊]]である。
 
驚いた時・感動した時には[[口笛]]を吹く癖がある(フキダシには「ヒューッ」と表記される。「ヒューッ」と発言しているわけではない)。
 
一匹狼ながら義理や友情を重んじる。かなりの女好きで手も早く、相手は概ね20代ほどのグラマーな地球人の美女に限定される。「守備範囲」ではない[[醜女]]、年輩の女性、未成年者、そして地球人型以外の女性には手をつけない。
[[葉巻]]が大好きで、常にくわえていて、どんな時でも手放さない。これはコブラ自身が単にヘビースモーカーであるというのに加え、葉巻に偽装した時限爆弾や酸素カプセルなど様々な道具を持ち歩いているためでもある。
 
== 容姿・服装など ==
身長8フィート4インチ(約250cm)、体重193ポンド(約87.5kg)(「[[ラグ・ボール]]」編でのレッド・サクソンズ入団時)。ただしこの身長だと、コブラの対戦相手である一軍チームの選手ゲルドと同じになってしまう。作画を見る限り彼のほうが遥かにコブラより身長が高く、旧TV版では6フィート4インチ(約190cm)となっている。旧TV版終了後に執筆された「地獄の十字軍」編でも、棺桶屋がコブラの身長を測って「190ってとこか」と言う場面がある。
 
 
== 年齢 ==
{{独自研究|section=1|date=2019年1月}}
コブラの年齢ははっきりとしていない。惑星ダグザードのヘドバ・シティー郊外にある墓場に埋葬されたという形で自分の死を偽装してタートル号を隠しており、そこに仮の墓があるが、墓碑に刻まれた生没年が2303-2927となっているコマ描写もあれば、没年が2355となっているコマ描写もある。「ブルーローズ」編では、120歳の女性・竜樹がコブラの3倍も生きていると発言していることから、この時点では40歳近くということになる。旧TV版では生没年が2308-2332となっていることから、これが正しければ自分の死を偽装したのは24歳頃となり、旧TV版で記憶を取り戻したのがその5年後なので、物語開始時点での年齢は29歳ぐらいということになる。映画版では墓碑に刻まれた生没年が2005-2037で、これが正しければ2年前に死を偽装した時点で32歳頃なので、作中での彼の年齢は34歳ぐらいと推定できる。
 
なお、「シドの女神」編のボス・サラマンダーの正体に関するコブラの台詞から、本作の時代設定は20世紀から約3000年後となるため、上記の生没年表記は西暦ではなく他の暦法(銀河系標準暦など)によるものとみられる。
ジョンソンの他、劇中で'''ジョー・ギリアン'''という偽名を名乗ったこともある。前者は先述の通り海賊稼業の休眠中に貿易会社のサラリーマンとして使用、後者は「ラグ・ボール」編で「レッド・サクソンズ」チームに新人選手として潜入するのに使用したのが初出。以降、「カゲロウ山登り」編ではジョンソンを、「聖なる騎士伝説」編、「ザ・サイコガン」編、「タイムドライブ」編、「ブルーローズ」編ではジョー・ギリアンをそれぞれ必要に応じて名乗った。また、[[ジェームズ・ボンド]]、[[ジョン・ウェイン]]、[[ピーターパン]]、サンタクロースとうそぶいたこともある。この他「異次元レース」編では、高額の賞金首「'''ネホバ・キッド'''」に仕立てられたり、「ザ・サイコガン」編では運転手の'''サルバドール'''という名前にされたこともある。
 
== キャラクターとしてのコブラ ==
{{出典の明記|section=1|date=2019年1月}}
『[[週刊少年ジャンプ]]』連載当時の70年代、一部の例外を除いて少年誌の主人公は少年が定番だった。また、現在でも主な購買層として想定している読者の年齢に合わせ、少年誌の主人公は少年であることが多い。だが、『コブラ』は葉巻を咥えた成人男性が主人公で子供のキャラクターはほとんど登場せず、セクシーな女性キャラクターとのラブロマンスもあるという内容であり、当時の少年マンガ界においてその作風と主人公のキャラクター性は一線を画していた。
 
* 「ラグ・ボール」編で、ギルドの麻薬密売ネットワークを壊滅させる報酬として現金払いで200万ドルのほかに、司法取引により一度「すべての罪状を帳消し」(特赦)にされている。しかし、マーメイド退治後にパトロール基地の金庫室の天井を撃ち破り逃走したことで、ドミニク曰く「公共物破壊」の罪状で新たに手配された模様。
* [[ニューギン]]のパチンコ『CRコブラ』では、プッシュボタンを連打してサイコエネルギーをチャージすることで[[波動砲]]のように発射するという演出がなされている。
 
==画像リンク==
*コブラのフィギュア写真([[コナミ]]の玩具菓子に付属のもの)[http://www.konami.jp/th/candy/cobra/lineup_cobra.html]
*整形前のコブラのフィギュア写真(同じくコナミの玩具菓子より。「ザ・サイコガン」編以降の、コブラの過去を描いた作品で登場する容姿のもの)[http://www.konami.jp/th/candy/cobra/lineup_ycobra.html]
 
== 註 ==
匿名利用者