「音価」の版間の差分

m
「耳」という表現は不正確なので表現の見直し。なお「関連項目」の節については、これも1つの形だと思うので、このままにします。
m (→‎関連項目: Wikibooksのタイトルを修正。なお、「音価」という言葉はWikipedia内特別:リンク元/音価やWikibooks内検索などを見る分に、音楽用語と言語学・音声学用語のいづれにも多く用いられています。)
m (「耳」という表現は不正確なので表現の見直し。なお「関連項目」の節については、これも1つの形だと思うので、このままにします。)
 
[[音楽]]における'''音価'''とは、ある[[音]](または休止)に与えられた[[楽譜]]上の時間の長さをいう。例えば、楽譜に2分[[音符]]が示されているならば、その音符の音の長さ、つまり2拍分が、その音符の音価といえる。
 
音価はその音符または休符が支配する時間を示すものであるから、その符の開始点から次の符の開始点までがその符の音価である。人間ヒトが音を聴取する時耳は特性として、音の開始には敏感である一方で、音の終了にはあまり注意を払わない傾向が見られる。特にもの、例えば物を叩く音のいた時に出るような次第に弱くなっていく音においてその傾向は顕著である。したがって、音を音価の途中で始めることはなくても音価の途中でやめることはよくあることである。[[スタッカート]]は、音符の音価の途中で音をやめることを明示する記号の1つであるし、音が持続しない[[打楽器]]や[[撥弦楽器]]では実際の音がどこで終わったのか明確でないこともある。
 
また、音符(または休符)が[[拍節|拍]]に対する相対的な長さを示すものである以上、音価もまたそうであって、拍の長さが(すなわち[[テンポ]]が)変わればそれに伴って同じ音価も長くなったり短くなったりする。