「帝立王立国有鉄道」の版間の差分

m
キロは単位ではありません。正しく単位を使ってください。
m (キロは単位ではありません。正しく単位を使ってください。)
'''帝立王立国有鉄道''' ('''k.k. Staatsbahnen (kkStB)''')または'''帝立王立オーストリア国有鉄道'''<ref>Bezeichnung mit ''österreichische'' z.&nbsp;B. im Staatshandbuch 1907 und auf der Titelseite von: K.&nbsp;K. Eisenbahnministerium (Hrsg.)<!---, Friedrich Wilhelm Benesch--->: [http://digi.landesbibliothek.at/viewer/resolver?urn=urn:nbn:at:AT-OOeLB-3566410 ''Die neuen österr(eichischen) Alpenbahnen'']. Maass’ Söhne, Wien 1908.</ref>は、[[オーストリア=ハンガリー帝国]]のオーストリア側国営鉄道であった。1918年に分割されて消滅した。
 
== 歴史 ==
[[オーストリアの鉄道の歴史]]も参照のこと。
 
帝立王立国有鉄道(k.k. Staatsbahnen)は、[[1884年]]に経済的に問題のあるオーストリアの鉄道会社を統合することにより設立された。これは[[1873年]]の経済危機の影響の1つであり、鉄道行政の再検討の意味もあった。他のヨーロッパ諸国同様、[[1880年代]]に数多くのオーストリアの鉄道会社が統合され、1906年には[[皇帝フェルディナント北部鉄道]]も統合された。
 
国の新建設計画に沿って、帝立王立国有鉄道は路線網を拡大した。最も有名な例は、[[アルプス山脈]]を縦貫し、港町として栄えていた[[トリエステ]]に最初の鉄道を通す「新アルプス鉄道」の計画である<ref>{{ANNO|rgb|00|00|1901|293|NAME=Reichsgesetzblatt für die im Reichsrath vertretenen Königreiche und Länder|AUTOR=|RGBl 1901/63|ZUSATZ=|ALTSEITE=201–207.|anno-plus=ja}}</ref>。これには、[[ピュールン線]]、[[タウアーン線]]、[[ルドルフ線|カラヴァンケン線]]、[[ボヒニ線]]、[[温泉線|ヴェクセル線]]より構成される。似たプロジェクトniha,
は1887から1889年に建設された[[チェコ・モラヴァ連絡鉄道]]もある。
 
[[1891年]]には、路線網が7,132km(7132 km(オーストリアハンガリー全国で28,066km)066 km)、機関車1378両、客車3195両、貨車25,883両になっていた。この年には、乗客3190万人と1690万トンの貨物を輸送した<ref>''Meyers Konversations-Lexikon'', 5. Auflage, 5. Band, Bibliographisches Institut, Leipzig und Wien 1894, S. 516 f.</ref>。1918年の帝国崩壊時には、19000キロ約19,000 kmの路線網を有していた。
 
=== 前身となる鉄道会社 ===
 
== 終焉 ==
第一次世界大戦の終了後、帝立王立国有鉄道の路線は1918年11月12日にオーストリア、チェコスロヴァキア、ポーランド、イタリア、ルーマニア、スロベニア・クロアチア・セルビア(後のユーゴスラヴィア)の各国の管轄に分割された。
 
* オーストリア: [[オーストリア国鉄]] (ÖStB)、1923年7月19日以降は[[オーストリア連邦鉄道]] (ÖBB)
== 関連項目 ==
* [[帝立王立オーストリア国有鉄道の路線一覧]]
 
== 脚注出典 ==
<references />
 
== 参考文献 ==
* {{ANNO|nab|04|11|1918|03|AUTOR=[[Roda Roda]]|Die Reise nach Budapest|ZUSATZ=Nr. 1239/1918 (V. Jahrgang)|ALTSEITE=3, unten.}}.
 
{{デフォルトソートDEFAULTSORT:ていりつおうりつこくゆうてつとう}}
== 脚注 ==
<references />
 
{{デフォルトソート:ていりつおうりつこくゆうてつとう}}
[[Category:オーストリア=ハンガリー帝国]]
[[Category:かつて存在した鉄道事業者]]