「ブロードキャスト」の版間の差分

→‎概要: 解消済み仮リンク Smurf攻撃 の内部リンク化
(→‎概要: 解消済み仮リンク Smurf攻撃 の内部リンク化)
イーサネットとIPv4のどちらも、ブロードキャストのパケットであることを示すために全ビットが1の[[ブロードキャストアドレス]]を使用する。トークンリングでは、[[IEEE 802.2]]制御フィールドで特別な値を使用する。
 
ブロードキャストは、{{仮リンク|[[Smurf攻撃|en|Smurf attack}}]]などの[[DoS攻撃]]を実行するために悪用される可能性がある。攻撃者は、標的となるコンピュータの送信元IPアドレスを使用して偽の[[ping]]要求を送信する。これにより、標的となるコンピュータには、ドメイン内の全てのコンピュータからのping返信が大量に送られることになる。
 
==使用例==