「セテワヨ・カムパンデ」の版間の差分

編集の要約なし
(テンプレート修正、英語版リンクの仮リンク化)
ズールー国王である{{仮リンク|ムパンデ・カセンザンガコナ|en|Mpande kaSenzangakhona}}の第1子として誕生。ムパンデの死後、国王に即位して慣習により新首都を建設、「[[ウルンディ]]」と名づけた。初代国王の[[シャカ・ズールー|シャカ]]が創立した軍制を再び採用するとともに、[[マスケット銃]]をインビと呼ばれる連隊に配備するなどの軍備増強を行った。
[[画像:Cetshwayo ka Mpande, cropped.jpg|150px|left|thumb|ズールー戦争後、ロンドンでのセテワヨ]]
セテワヨは、国内に在住するキリスト教宣教師を追放し、1877年にはイギリス植民地との国境線付近でイギリス人測量を拘束した。
 
これに対して南アフリカ高等弁務官のサー・{{仮リンク|ヘンリー・バートル・フレア|en|Henry Bartle Frere|label=バートル・フレア}}[[准男爵]]は、セテワヨに対して損害賠償と部隊の駐留、インビの解散など、ズールー王国の保護国化を要求した。
451

回編集