メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
*[[1933年]]5月 - [[大阪市]][[都島区]]東野田に「立石電機製作所」を創業。レントゲン撮影用タイマの製造開始。(公式には創業年月日を昭和8年5月10日としている)
*[[1936年]]7月 - 大阪市[[西淀川区]]に工場を新設し移転。
*[[1945年]]6月 - 工場を京都市[[右京区|右京区花園土堂町]]に移転。
*[[1948年]]5月 - 株式会社に改組し「立石電機株式会社」に商号変更(公式にはこの年が設立年月日 昭和23年5月19日
*[[1955年]]1月 - 販売部門・研究部門を分離・独立し「立石電機販売株式会社」「株式会社立石電機研究所」を設立。同時期に生産子会社「株式会社西京電機製作所」を設立。
*[[1959年]]1月 - 商標を「OMRON」と制定する。社憲制定。
*[[1960年]]2月 - 世界初の無接点近接スイッチを開発。
*[[1962年]]4月 - [[京都証券取引所]]、[[大阪証券取引所]](両市場とも現在は市場統合)第二部に上場。
*[[1964年]]10月 - 生産子会社を「株式会社西京電機立石製作所」に一本化する。世界初の電子式自動感応式信号機を開発
*[[1965年]]4月 - 「立石電機販売株式会社」並びに「株式会社西京電機立石製作所」を吸収合併。
*[[1965年]]8月 - 大阪証券取引所第一部へ指定替え。
*[[1966年]]9月 - [[東京証券取引所]]、[[名古屋証券取引所]]各第一部に上場。
*[[1967年]] - 世界初の無人駅システムを開発。
*[[1968年]] - 英文社名をOMRON TATEISI ELECTRONICS CO.に決定。
*[[1969年]] - 世界最小の卓上電子計算機「CALCULET-1200」を発表。
*[[1971年]] - 世界初のオンライン現金自動支払機を開発。
*[[1972年]]2月 - 日本初の福祉工場である「[[オムロン太陽]]株式会社」を設立。
*[[1983年]] - 「けんおんくん」を発売。
*[[1990年]]1月 - 「オムロン株式会社」に社名変更。
*[[1991年]]3月 - 本社事務所を京都市下京区に移転。
26

回編集