「陳 (春秋)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
周の[[武王 (周)|武王]]が[[舜]]の子孫を捜索して[[胡公 (陳)|媯満]]を見出し、これを陳(現代の[[河南省]][[淮陽県]])に封じたのが国の始まりとされる。陳は小国の地位を脱することができず、南方で[[楚 (春秋)|楚]]が台頭すると、これに従属するようになった。[[春秋時代]]には[[晋 (春秋)|晋]]・楚の二大国の争いに翻弄され、さらには[[呉 (春秋)|呉]]の台頭によって圧迫を受けた。紀元前478年に陳は楚の[[恵王 (楚)|恵王]]によって滅ぼされた。
 
余談となるが、話はさかのぼって[[紀元前672年]]に陳の[[公 (陳)|公]]の子の[[陳完]]が[[斉 (春秋)|斉]]に亡命した。後にこの陳完の子孫が田氏を名乗るようになった。田氏は斉国内で大きな勢力を持つにいたり、[[紀元前386年]]には公室を簒奪して斉の君主となった。
 
== 歴代君主 ==
匿名利用者