「那須川天心」の版間の差分

編集の要約なし
(整理)
アマチュアキックボクシング戦績は105戦99勝5敗1分37KO。KAMINARIMON、[[ビッグバン〜統一への道〜|Bigbang]] 、全世界アマチュアムエタイ選手権、ムエローク、[[M-1ムエタイチャレンジ]]、[[マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟|MAキック]]、藤原敏男杯など数々のアマチュア全国大会・世界大会のタイトルを総ナメにして獲得し、『ジュニアの[[パウンド・フォー・パウンド]]最強』と称された。
 
=== プロデビューから16歳でRISE王座戴冠獲得 ===
格闘技の練習に集中できるよう、学校の授業が午前中のみで終わる4年制の高校に進学。
 
2017年7月30日、 [[RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 1st ROUND -夏の陣-]]にて57kg契約で[[才賀紀左衛門]]と1ラウンドはキックボクシングルール(ボクシンググローブ着用)、2ラウンドは総合格闘技ルールのミックスルールで対戦した。那須川は1ラウンドのキックボクシングルールで確実に倒すために、あえて攻撃を避ける動きをある程度捨て<ref>{{Cite book |和書 |author=那須川天心 |date= 2017-12 |title=覚醒 |page=155 |publisher=クラーケン |location= |isbn=978-4909313010 |quote= }}</ref>、開始早々から攻勢をかけると、才賀のヒザ蹴りに合わせたカウンターの左ストレート一撃で才賀は目を開けたまま失神し、1ラウンド秒殺KO勝ちを収めた。試合後リング上で「僕は昔から紀左衛門さんにお世話になっていて、今回試合をすることなって正直最初はやりづらいなと思っていたところはあるんですが、試合になれば殺るか殺られるかなので、僕はぶっ飛ばすつもりで練習を頑張ってきました。皆さん、打撃も面白くないですか?RIZINをキックボクシングでもMMAでも本物のリングにできると思っています」とコメントした<ref>[http://jp.rizinff.com/_ct/17105208 第7試合 那須川 天心 VS. 才賀 紀左衛門(試合結果詳細)RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント 1st ROUND -夏の陣-]RIZIN公式試合結果 2017年7月30日</ref>。試合翌日には自身のブログにて、才賀と14歳の時の那須川が一緒に撮った写真を掲載すると共に『紀左衛門さんは僕より先にMMAのルールにチャレンジしていて僕が初めてMMAに出る前も色々アドバイスをしてくれました。入場し、レフリーを挟んでルールを聞いている時、紀左衛門さんが『俺は打撃で勝負するからな』と僕の耳元で言いました。試合直前なのであまり意識はしませんでしたが本当に打撃で撃ち合いに来てくれました。本来ならば2ラウンドのMMAルールに持っていくために打ち合わずかわして凌ぐのが普通だと思います。ですが紀左衛門さんは違いました。正面から撃ち合いに来て正直びっくりしました。今まで闘った選手とは気迫が違い、自分でもやらなきゃやられると必然的に思いました。結果は勝つことが出来ましたが、あのまま続いたらどうなるのかはわかりませんでした。本当に尊敬出来るファイターだなと思いました。試合が終わって紀左衛門さんと話しました。『強いな天心、これからも一緒に格闘技を盛り上げような』と言ってくれました。 話を終えた後、涙が出てきました。紀左衛門さんと戦えて本当に良かったです。ありがとうございました。これからも格闘技をしっかり盛り上げます』と才賀が一日の長がある総合格闘技ルールまで持ち込もうとせず、言葉通り1ラウンドのキックルールから真っ向勝負で打ち合いに臨んできたことに敬意を表した<ref>[https://ameblo.jp/tenshin-0818/entry-12297462470.html 試合の話] 那須川天心公式ブログ『志高き道のり』 2017年7月31日</ref>。
 
8月20日、KNOCKOUT vol.4にてK-1世界 WORLD GPスーパーライト級(-65kg)王者[[ゲーオ・ウィラサクレック]]に2度勝利するなどの実績を持つ元ルンピニースタジアム2階級制覇王者ウィサンレック・MEIBUKAIと対戦。カウンターの肘打ち狙い一辺倒で攻めてこないウィサンレックを攻めたて全ラウンド優勢に進め、2ラウンドに[[ローブロー]]を2発受けるも、飛び膝蹴りでウィサンレックの目尻を切り、3R流血によるドクターストップでTKO勝ちを収めた<ref>[http://www.boutreview.com/2/reports/knockout/170820knockout.html 那須川天心、飛び膝でTKO勝ち。勝次、前口太尊との死闘制す:8.20 大田] バウトレビュー 2017年8月20日</ref>。
 
10月15日、[[RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 1st ROUND -秋の陣-]]にてアマチュアボクシング5冠王の[[藤田大和]]と総合格闘技ルールで対戦した。藤田はアマチュアボクシング時代にロンドン五輪ボクシング銅メダリストの[[清水聡]]に勝利するなどのボクシング実績に加え、総合格闘技転向後は寝技で関節技を極めた勝利を含むアマチュア総合格闘技で2戦2勝の戦績を残しており、幼少期には空手道場を主宰していた父親のもとで空手とキックボクシングをやっていた経験もあった。対戦発表会見にて藤田が「打撃で打ち合いたい」とコメントし、那須川も「ボクサー相手にパンチで打ち合ってやってもいいかなと思います」とパンチの打ち合いに応じる構えを見せていたが、試合が始まると藤田はすぐに蹴りを放ち、さらに自らタックルで組み付いて寝技に持ち込んだ。那須川は立ち上がると、ジャンピングフットスタンプを放ち、さらに藤田の右ストレートをかわしてカウンターの左ストレート一撃で藤田をダウンさせるが、キックボクシングの時の癖でダウン奪った後に片手を挙げるアピールをして追撃が遅れたためKOの機会を逃した。その後は、キックボクシングを本業として総合格闘技の練習を普段はあまりしていない那須川に対して、ボクシングを引退して総合格闘技に完全転向した藤田が寝技でやや優勢となるが、那須川もスイープで返するなど寝技への適応を見せる名勝負を繰り広げ、接戦の末に3-0の判定勝ちを収めた<ref>[http://jp.rizinff.com/_ct/17125047 第15試合 那須川天心 VS. 藤田大和 (試合結果詳細) RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント 1st ROUND -秋の陣-]RIZIN公式試合結果 2017年10月15日</ref>。
5月6日、[[RIZIN.10]]で日本拳法をバックボーンとする総合格闘家[[中村優作]]と、キャリア最重量の58kg契約で対戦し、1ラウンド終盤に胴回し回転蹴りと後ろ蹴りの複合技で最初のダウンを奪うと、合計4度のダウンを奪って2RKO勝ち。最初のダウンを奪った胴回し回転蹴りは世界中に衝撃を与え、格闘技界だけでなくアメリカの[[ニューヨーク・ポスト]]や<ref>[https://nypost.com/2018/05/07/mma-prodigy-pulls-off-impossible-rolling-thunder-kick/ MMA prodigy pulls off impossible ‘rolling thunder’ kick] New York Post 2018年5月7日</ref><ref>[https://bleacherreport.com/articles/2772671-tenshin-nasukawa-normal-teenager-kickboxing-messiah Tenshin Nasukawa: Normal Teenager, Kickboxing Messiah]Bleacher Report 2018年5月5日</ref>、オーストラリアの[[news.com.au]]<ref>[https://au.sports.yahoo.com/teen-fighter-stuns-mma-world-never-seen-move-002516352.html Teen fighter stuns MMA world with 'never-before-seen' move]YAHOO! 2018年5月7日</ref><ref>[https://www.news.com.au/sport/ufc/teen-sensation-tenshin-nasukawa-delivers/news-story/ec1275d07152314a49e4dfed60da7e01 Teen sensation Tenshin Nasukawa delivers]News.com.au 2018年5月7日</ref><ref>[https://wwos.nine.com.au/news/japanese-teen-mma-fighter-stuns-crowd-with-never-before-seen-move/9bf8a988-fdd5-4e16-9157-3e5bf02c7997 Japanese teen phenom shocks the MMA world with a world-first move]Wide World of Sports 2018年5月7日</ref><ref>[https://www.foxsports.com.au/ufc/teen-sensation-tenshin-nasukawa-delivers/news-story/03612f113cfbd44fbc7536010fff0111 Teen sensation Tenshin Nasukawa delivers]FOX SPORTS Australia 2018年5月7日</ref>、イギリスの[[ザ・サン|THE SUN]]やDaily Star<ref>[https://www.dailystar.co.uk/sport/other-sports/701539/MMA-news-Tenshin-Nasukawa-Rizin-thunder-kick-UFC-Michael-Chiesa-video MMA prodigy pulls off OUTRAGEOUS 'rolling thunder kick' on rival – and a UFC star loved it]Daily Star 2018年5月9日</ref><ref>[https://www.thesun.co.uk/sport/mma/6236076/incredible-moment-mma-prodigy-tenshin-nasukawa-pulls-off-stunning-rolling-thunder-kick-to-leave-opponent-down-on-the-canvas/ Incredible moment MMA prodigy Tenshin Nasukawa pulls off stunning ‘rolling thunder kick’ to leave opponent down on the canvas]THE SUN 2018年5月8日</ref>、フランスのGQ France<ref>[https://www.gqmagazine.fr/lifestyle/news/videos/le-head-kick-spectaculaire-dun-jeune-combattant-de-mma/34444 Le head kick spectaculaire d’un jeune combattant de MMA]GQ France 2018年5月18日</ref><ref>[https://lasueur.com/tenshin-nasukawa-6-5-2018 L’espoir Tenshin Nasukawa a encore roulé sur la concurrence]La Sueur 2018年5月6日</ref>、ロシアの[[スプートニク (通信社)|スプートニク]]<ref>[https://sputniknews.com/viral/201805081064256707-rolling-thunder-kick-victory/ Over 9,000: WATCH Japanese Kickboxer Take Out Opponent With Killer Combo]SPUTNIK 2018年5月8日</ref>、スペイン、ベルギー<ref>[https://m.hln.be/sport/meer-sport/japanse-tienersensatie-slaat-mma-wereld-met-verstomming-een-van-geweldigste-acties-ooit-gezien~aea80300/?referer= Japanse tienersensatie slaat MMA-wereld met verstomming: "Een van geweldigste acties ooit gezien"] Het Laatste Nieuws 2018年5月8日</ref>、オランダ<ref>[https://sportnieuws.nl/vechtsport/japans-mma-talent-verbaast-heel-kicksbokswereld-zieke-trap-video/ Japans MMA-talent verbaast heel de kicksbokswereld met deze zieke trap (video)]Sportnieuws.nl 2018年5月9日</ref>、ルーマニア<ref>[http://www.romaniatv.net/lovitura-care-a-innebunit-internetul-un-luptator-mma-a-devenit-star-dupa-o-executie-fantastica-video_418925.html Lovitura care a înnebunit internetul. Un luptător MMA a devenit star după o execuţie fantastică VIDEO]Romania TV 2018年5月9日</ref>、メキシコの[[エル・シグロ・デ・トレオン]]<ref>[https://www.publimetro.com.mx/mx/deportes/2018/05/10/peleador-de-kickboxing-sorprende-al-mundo-con-impresionante-patada-a-su-rival.html Peleador de Kickboxing sorprende al mundo con impresionante patada a su rival]Publimetro México 2018年5月10日</ref><ref>[https://www.elsiglodetorreon.com.mx/noticia/1459095.video-patada-trueno-el-espectacular-movimiento-de-la-mma.html VIDEO: 'Patada trueno' el espectacular movimiento de la MMA]El Siglo de Torreón 2018年5月10日</ref>、アルゼンチンの[[クラリン]]<ref>[https://tn.com.ar/deportes/esencial/kickboxing-la-patada-trueno-el-brutal-golpe-que-dejo-inconsciente-un-luchador-en-japon_868154 Kickboxing | La patada trueno: el brutal golpe que dejó inconsciente a un luchador en Japón]Todo Noticias 2018年5月11日</ref><ref>[https://www.clarin.com/deportes/patada-trueno-golpe-brutal-definio-pelea-japon_0_HJgxv1fRf.html Patada trueno: el golpe brutal que definió una pelea en Japón][[クラリン]] 2018年5月10日</ref><ref>[https://www.infobae.com/america/deportes/2018/05/09/la-patada-trueno-que-definio-una-pelea-en-japon-y-se-hizo-viral/ La "patada trueno" que definió una pelea en Japón y se hizo viral]Infobae América 2018年5月9日</ref>、コロンビアの[[カラコル・テレビシオン|カラコル]]<ref>[https://noticias.caracoltv.com/deportes/al-estilo-mortal-kombat-la-increible-patada-que-maravilla-al-mundo-del-deporte-ie128 Al estilo Mortal Kombat: la increíble patada que maravilla al mundo del deporte]Noticias Caracol 2018年5月日</ref>、チリの[[テレトレセ]]<ref>[http://www.t13.cl/videos/deportes13/video-kickboxing-espectacular-patada-giratoria-deja-chances-su-rival [VIDEO] Kickboxing: La espectacular patada giratoria que da vuelta al mundo]テレトレセ 2018年5月9日</ref><ref>[https://www.latercera.com/la-tercera-tv/noticia/asi-fue-la-increible-patada-definio-una-pelea-artes-marciales-japon/159391/ Así fue la increíble patada que definió una pelea de artes marciales en Japón]La Tercera 2018年5月10日</ref>、ペルー<ref>[https://libero.pe/ocio/1240280-increible-patada-giratoria-en-kickboxing ¡Alucinante! Mira esta increíble patada giratoria en una lucha de kickboxing]Libero 2018年5月10日</ref>、エクアドル<ref>[https://www.metroecuador.com.ec/ec/noticias/2018/05/09/la-patada-del-trueno-ko-se-ha-vuelto-viral-redes-sociales.html La 'patada del trueno': El KO que se ha vuelto viral en redes sociales]Metro Ecuador 2018年5月9日</ref>、ベトナム<ref>[https://nld.com.vn/the-thao/xem-than-dong-mma-nhat-ban-tung-cuoc-doc-ha-doi-thu-20180509101041185.htm Xem thần đồng MMA Nhật Bản tung cước độc hạ đối thủ]Báo Người Lao Động 2018年5月9日</ref><ref>[http://www.tinthethao.com.vn/than-dong-vo-thuat-nhat-ban-tung-don-kho-tin-thang-tran-thu-30-d470936.html ‘Thần đồng võ thuật’ Nhật Bản tung đòn khó tin, thắng trận thứ 30]TinTheThao 2018年5月8日</ref>、インドネシア<ref>[https://www.topskor.id/detail/73554/BrutalTendangan-Guntur-Tenshin-Nasukawa-Bikin-Nakamura-Terkapar Brutal...Tendangan Guntur Tenshin Nasukawa Bikin Nakamura Terkapar]TopSkor.id 2018年5月8日</ref>などの世界中のメディアで神技と称賛され報じられた<ref>[https://efight.jp/news-20180510_288020 【RIZIN】那須川天心の神技に海外メディアやUFCファイターも衝撃、ニューヨークポストにも]eFight 2018年5月10日</ref><ref>[http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1524827 “ローリングサンダー” に全米陶酔! ナスカワマニア暴走中!■MMA Unleashed]Dropkick ニコニコチャンネル 2018年5月10日</ref>。
 
=== 19歳でRISE世界フェザー級王座獲得・世界2階級制覇 ===
6月17日、[[幕張メッセ]]でのRISE 125にて、自身の持つRISEバンタム級(-55kg)王座を返上して[[フェザー級]](-57.15kg)に階級を上げ、ルンピニースタジアムとラジャダムナンスタジアム両方でスーパーフェザー級1位の[[ロッタン・ジットムアンノン]]と初代RISE世界フェザー級王座決定戦で対戦した。ロッタンは適性階級はフェザー級だが強過ぎて対戦相手が見つからず上の階級のスーパーフェザー級で試合をしており、那須川のキャリア最強の敵だったスアキムと3月28日に対戦して右フックでダウンを奪い勝利した選手で、スアキムを上回る強豪との対戦となった<ref>[http://efight.jp/news-20180412_283639 【RISE】那須川天心、最強の敵に「覚悟と自信を持って挑む」]e-fight 2018年4月12日</ref>。試合は、ロッタンの強烈なミドルキックを中心とした攻撃とプレッシャーを受け終始後退を余儀なくされるが、那須川は下がりながらもカウンターのパンチをヒットさせ有効打で上回り、接戦となった5Rでは決着がつかず延長戦にもつれこむと、動きが落ちたロッタンに手数で攻め込んで那須川の判定勝ちとなりバンタム級に続いて2階級制覇に成功した<ref>[https://efight.jp/result_s-20180617_294098 【RISE】那須川天心がムエタイ最強の敵に大苦戦、延長戦で辛勝し号泣]eFight 2018年6月17日</ref>。
 
=== RIZINバンタム級GP2017王者・堀口恭司戦 ===
{{Fight-cont|○| [[内藤大樹 (格闘家)|内藤大樹]]| 1R 1分59秒 TKO(3ダウン) |RISE 129| 2018年11月17日}}
{{Fight-cont|○| [[堀口恭司]]|3分3R終了 判定3-0|[[RIZIN.13]]|2018年9月30日}}
{{Fight-cont|○| [[ロッタン・ジットムアンノン]]|5R+延長1R終了 判定3-0 |RISE 125<br />【RISE世界フェザー級王座決定戦】|2018年6月17日 }}
{{Fight-cont|○| [[中村優作]]|2R 1分42秒 TKO(3ダウン) |[[RIZIN.10]]|2018年5月6日}}
{{Fight-cont|○| [[スアキム・シットソートーテーウ]]|5R終了 判定3-0 |KNOCK OUT FIRST IMPACT|2018年2月12日 }}
* {{SHERDOG|241529}}
 
{{Championshiptitle次空|第46代|[[R.I.S.E.|RISE]]|[[バンタム級]]|村越優汰|N/A|2015年5月31日 - 2018年6月6日}}
{{Championshiptitle-1|初代|[[R.I.S.E.|RISE]]世界|[[フェザー級]]|王座新設|N/A|2018年6月17日 - 現在}}
 
[[Category:日本の総合格闘家]]
[[Category:千葉県出身の人物]]
[[Category:Cygames|人]]
[[Category:極真会館]]
[[Category:1998年生]]
13,017

回編集