メインメニューを開く

差分

 
==概要==
{{出典の明記|date=2017年9月|section=1}}
村は本来[[道切り]]などにより外部と区別される空間で、村の成員は生業を行い生活に必要な資源を供給する環境を共有し、寄合を行い祭礼や年中行事を共同で行うことにより統一された意思のもと秩序維持を行っていた。村社会は相互互助的な性質を持つ。農業を中心とした村では水利権、林業を中心とした村では入会権、漁業を中心とした村では漁業権などを村が保ち、再生産可能な水準を保つために機能してきた。これらの権利は古くからの仕来りとして定着したり、収穫祭などの宗教行事とともに安定した産業を維持してきた。
一方で内部には経済的階層や家柄による家格などが存在し、村の秩序維持のための青年組織などが存在した。特徴としては古くからの仕来たりを墨守する傾向があり、異を唱える者・倣わない者に対しては本人や[[肉親]]、更にその者に関わった者まで異端者扱いし、[[差別]]を行なうことがある。これを村八分という。これにより新たにその地域に移住してきた者や流行にとらわれやすい[[若者]]が反発し、古くから住んできた者とのトラブルが後を絶たない。
 
==特徴と問題点==
{{出典の明記|date=2017年9月|section=1}}
以下のような特徴を持つ。
*水利権、入会権、漁業権などの産業上の権益の範囲と一致した広がりを持つ。
匿名利用者