「福沢一郎」の版間の差分

→‎来歴: 出典追加、加筆。
(→‎来歴: 出典追加、加筆。)
[[1915年]]、[[群馬県立富岡高等学校|旧制富岡中学校]]を卒業。[[第二高等学校 (旧制)|第二高等学校]]英法科<ref>[http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/940307/138 第二高等学校編『第二高等学校一覧 自大正7年至大正8年』第二高等学校、1918年、p.266]</ref>を経て、[[1918年]]、[[東京大学|東京帝国大学]][[文学部]]入学。しかし大学の講義に興味なく、彫刻家[[朝倉文夫]]に入門し、[[彫刻家]]を志す。
 
[[1922年]]、第4回[[日展|帝展]]に彫刻作品「酔漢」が初入選。[[1924年]]、渡仏。[[ジョルジョ・デ・キリコ]]や[[マックス・エルンスト]]に影響を受け、昭和初年に[[シュルレアリスム|シュールレアリズム]]を日本に紹介した<ref name=":0">{{Cite web|title=福沢一郎展  このどうしようもない世界を笑いとばせ {{!}} 東京国立近代美術館|url=http://www.momat.go.jp/am/exhibition/fukuzawa/|website=www.momat.go.jp|accessdate=2019-03-13}}</ref>。[[1930年]]、[[独立美術協会]]に参加。[[1931年]]、帰国<ref>{{Cite web|title=福沢一郎展  このどうしようもない世界を笑いとばせ {{!}} 東京国立近代美術館|url=http://www.momat.go.jp/am/exhibition/fukuzawa/#section1-2|website=www.momat.go.jp|accessdate=2019-03-13}}</ref>。[[1939年]]、独立美術協会を脱退し、[[美術文化協会]]を結成。戦前の前衛美術運動に大きな刺激を与える。[[1941年]]4月から10月までの間、共産主義者の嫌疑で[[瀧口修造]]とともに拘禁された<ref>『日本美術家事典 2003年度版』(構成執筆・藤森耕英、日本美術家事典社、2003年3月)</ref>。
 
[[多摩美術大学]]、[[女子美術大学]]教授をつとめた。[[1978年]]、[[文化功労者]]となる。[[1991年]]、[[文化勲章]]を受章。
代表作に『他人の恋』([[1930年]] [[群馬県立近代美術館]]蔵)、『科学美を盲目にする』(1930年 群馬県立近代美術館蔵)、『よき料理人』
(1930年 [[神奈川県立近代美術館]]蔵)などがある。
 
2019年3月、「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」が[[東京国立近代美術館]]で開催<ref name=":0" />。
 
<gallery>