「米村敏朗」の版間の差分

m
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m
[[兵庫県]][[西宮市]]出身。[[京都大学大学院法学研究科・法学部|京都大学法学部]]卒業。[[1974年]]、[[警察庁]]入庁。
 
主に[[公安警察|警備公安]]畑を歩み、外務省出向(在[[ユーゴスラビア連邦]][[大使館]]1等[[書記官]])も経験。
 
警視庁では、警備部第2[[機動隊]]長、[[神田警察署]]長、警備部警備第1課長、警務部人事第1課長、公安部長、副総監を歴任。警視庁幹部在任中はJR[[浦和電車区]]事件や松崎明による[[JR東労組|JR東日本労組]]組合費横領疑惑に関する[[JR東日本]]への強制捜査に反対した。
 
[[2003年]]に警察庁長官官房審議官(警備局担当)に就任し[[北朝鮮による日本人拉致問題|拉致問題]]を担当。[[2004年]]に[[小泉純一郎]]の2度目の[[朝鮮民主主義人民共和国|訪朝]]に同行した。[[2006年]]に警察庁警備局長に就任し、前述の拉致問題の捜査統括指揮を担当した。