「演歌百撰」の版間の差分

編集の要約なし
スポンサーにはかおりちゃん緑茶の老舗である宇治森徳をはじめ、通信カラオケ・[[DAM (カラオケ)|DAM]]の[[第一興商]]なども関わっていた。現在は一部の局を除き[[TOTO (企業)|TOTO]]の一社提供となっており、CMでは番組出演者の新曲CDも放映されている。
 
=== 地上波からテレビ放送の撤退と現状 ===
従来、地上波テレビでは数少ない総合演歌番組であったが、地上波テレビは[[デジタル化]]などの影響により、2010年12月最終週放送分(12月26日-2011年1月2日放送)をもってサンテレビと奈良テレビを除く地上波テレビ局でのネット放送を終了し<ref group="注">サンテレビでは2011年3月最終週まで、奈良テレビでは2012年9月最終週まで放送していた。</ref>、BS11([[衛星放送|BSデジタル放送]])と第一興商スターカラオケ([[スカパー!プレミアムサービス|スカパー!]])<ref group="注">2012年3月31日限りで廃局。</ref>での放送に集約した{{refnest|group="注"|丘みどりのブログ<ref>[http://ameblo.jp/oka-midori/entry-10749586901.html ☆質問お答えーーーーー☆] - 丘みどりオフィシャルブログ「みどりはみどり」2010年12月27日付記事、2014年11月13日閲覧</ref>にて、読者からの質問への回答として衛星波集約を明言している。}}。その一方、幹事局だったサンテレビはレギュラー放送の撤退後、月に1回(主に日曜日の日中)であるが放送を継続していた。その他、番組自体を放送していない独立UHF局についても不定期でローカル時間帯に放送されることが多い
 
かつては公式サイトも存在したが、制作体制の変更などが続いたこともあり現在はない。そのため、下記リンクのBS11での紹介ページがその役割を担っている。
2018年2月放送分よりメイン司会者がこれまでの[[滝トール]]から[[たつを]]に交代することになった。男性MCの交代は1993年の放送開始以来初めてとなる。しかし1か月足らずで滝トールに逆戻りする形となった。
 
レギュラー放送時代からメインゲストが出演する回は、原則として4-5回が基本だった。しかし2018年4月にBS11での番組体制の変更によって放送枠の確保が困難なことから、3月放送分をもってBS11でのレギュラー放送は打ち切りとなり、1993年10月の開始から続いたテレビ版のレギュラー放送は事実上終了。以降は地上波・BSともに不定期放送という形となるため、番組自体を放送していない独立局についても不定期でローカル時間帯に放送されることが多い。その一方で、2018年5月12日よりラジオ版の放送を再開している。
 
== MC&アシスタント ==
4,484

回編集