「京都市教育委員会」の版間の差分

(組織)
* 前京都市長(〜2008年)の[[桝本賴兼]](ますもとよりかね)が長く勤務し、教育次長や教育長を歴任した。2008年に就任した現京都市長の[[門川大作]]も教育次長や教育長を歴任しており、京都市では2代続けて教育委員会出身の市長が続いた。
* 同市教委には、指導力の優れた教師に対し、『[[スーパーティーチャー]]』に認定する制度があるが、報道によると、1987年から[[体罰]]を繰り返して[[停職]][[懲戒処分|処分]]を受けるなどしている男性教諭を、『スーパーティーチャー』の1人に認定していることが発覚した[http://www.asahi.com/national/update/0915/OSK200709150079.html]。事実上体罰を容認するとも受け取られており、物議を醸している。
* [[2007年]]には、同市教委の幹部職員8人が、深夜帰宅用に支給されている[[タクシー]]チケットを、[[終電|終電車]]前に利用したり、[[祇園]]や[[先斗町]]などの繁華街からの乗車であるにもかかわらず「[[市役所]]から乗車」と記載するなど、不正利用を繰り返していたことが発覚しており、[[2008年]][[10月]]に、同市[[監査委員]]が、[[門川大作]][[市町村長|市長]]に対し、49万7,660円分の返を求めている。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者