「なだしお事件」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
 
== 概要 ==
:* 発生地点 - 横須賀港東部海域 {{coor dms|35|18|24|N|139|42|41|E|type:landmark}}
:* 発生時刻 - [[1988年]](昭和63年)[[7月23日]]午後3時38分
 
[[1988年]](昭和63年)7月23日、[[横須賀港]]北防波堤灯台東約3km沖で海上自衛隊第2潜水艦群第2潜水隊所属・潜水艦[[なだしお (潜水艦)|なだしお]](排水量2250トン、乗員74名)と遊漁船「第一富士丸」(154総トン、全長28.5m、定員44名)が衝突し、第一富士丸が沈没した。第一富士丸の乗客39・乗員9(定員超過)のうち30名が死亡し、17名が重軽傷を負った。死者のうち28名は沈没した船体の中から、1名は現場付近の海中から遺体で発見された。残りの1名は救助後、病院で死亡が確認された。
*午後3時36分 - なだしおが左前方にヨットAを確認し、機関停止。
*午後3時37分 - なだしおが衝突回避のため右転を行うが、間に合わず。
:**同時刻 - 第一富士丸は、なだしおの発した汽笛信号「短一声 <本船右に回頭しつつある>」を解せず、進路変更・減速せず。
*衝突直前 - 第一富士丸が左転。
*午後3時38分 - なだしおと第一富士丸が衝突。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
[[Category:1988年の日本の事件]]
[[Category:1988年の日本における災害]]
[[Category:日本の防衛不祥事]]
[[Category:横須賀市の歴史]]
[[Category:神奈川県の交通史]]
匿名利用者