「臼杵鑑速」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''臼杵 鑑速'''('''うすき あきすみ'''・'''あきはや'''、[[永正]]17年([[1520年]])? - [[天正]]3年[[5月8日 (旧暦)|5月8日]]([[1575年]][[6月16日]]))は[[大友氏]]の家臣。[[臼杵景]]の子で、[[臼杵鑑続]]及び[[戸次親家]]後室の弟、[[臼杵鎮続]]の兄。
 
兄同様、外交面で大いに活躍した。[[大友宗麟]]の[[豊後国|豊後]]や[[豊前国|豊前]]をはじめとする[[守護]]職の継承や、幕府との交渉、[[毛利氏]]や国人たちとの交渉などは、ほとんどこの鑑速が行なっている。また、毛利氏との合戦にも積極的に従軍して武功を挙げた。
このため、[[立花道雪]](鑑速の姉が継母として養育した)や[[吉弘鑑理]]とともに大友氏の『三老』にまで列せられた。
 
[[category:臼杵氏|あきすみ]]
[[category:戦国武将|うすきあきすみ]]
{{生没年|うすきあきすみ|1520年|1575年}}
匿名利用者