「陶邑窯跡群」の版間の差分

(改名実施に伴う修正。)
大阪府南部の丘陵地帯([[堺市]]、[[和泉市]]、[[岸和田市]]、[[大阪狭山市]])に多数の窯跡が分布する。上記の丘陵地一帯に広がることから大阪府南部窯址群(阪南窯址群)とも呼ばれる<ref>森(1978)pp.758-778</ref>。[[古墳時代]]に[[朝鮮半島]]から導入された[[窖窯]]を使い、1000度以上の高温で焼成する須恵器の生産地として最大規模であり、初期須恵器の段階から須恵器を継続的に生産した所として著名である。
 
陶邑の名称は[[崇神天皇]]の時、[[倭迹迹日百襲媛命]]が[[神懸り]]して受けた[[託宣]]により[[茅渟県]]陶邑において[[大田田根子]]を探し出し、[[大和]][[三輪山]]の神、[[大物主]]を祭る[[神主]](三輪山の麓にある[[大神神社]]の始まりとされる。実は大田田根子は、大物主が人間の娘、生玉依媛のもとに通って産ませた隠し子であったとする)とし、それまで続いていた疫病や災害を鎮めたとする[[日本書紀]]の記載がある。しかし、古代おいて、基づく。この窯業生産地全体を指す呼称であっかたかどはないのはもちろん、同時代にそのよに呼称されていたので不明ない、後世つけられた呼称であるのは言うまでもない
 
陶邑窯一帯の生産は、[[7世紀]]以降衰退が始まる。衰退の原因の一つは、燃料となる[[森林]]資源を消費しつくしたためと考えられている。少なくなりつつある燃料材をめぐる争いは、[[日本三代実録]]の中で「陶山の薪争い」として記録されている<ref>[http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/rekishi/bunkazai/bunkazai/isekishokai/suemurakamaato.html 陶邑窯跡群-泉北丘陵周辺の遺跡と古墳] 堺市ホームページ 2017年12月1日閲覧</ref>ほか、時代が経るにつれ使用される[[木炭]]の樹種が、更新可能な[[広葉樹]]から荒廃地でも生育する[[アカマツ]]に変化していることからも裏付けられている<ref>太田猛彦『森林飽和』p94 NHK出版 2012年</ref>。
匿名利用者