「シリアの歴史」の版間の差分

m
→‎概史: 少しだけ修正。古代のセム語系都市国家が血縁共同体のような存在であるように読める文章は出典を必要とすると思います。
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (→‎概史: 少しだけ修正。古代のセム語系都市国家が血縁共同体のような存在であるように読める文章は出典を必要とすると思います。)
===「肥沃な三日月地帯」===
[[ファイル:Assyria map.png|thumb|left|古代中東地域の都市と諸勢力]]
紀元前3千年紀には[[エブラ]]、[[キシュ]]、[[アブツァラリク]]、[[マリ (シリア)|マリ]]など血縁によって結ばれた[[セム語]]を使用する人々が建てた[[都市]]文明圏国家群が成立し、そのうちエブラは[[大麦]]、[[オリーブ]]や織物の生産が行われ、「マリムーク」という指導者のもと、[[メソポタミア]]から[[パレスチナ]]、[[エジプト]]まで交易が営まれていた。[[紀元前23世紀]]頃には[[王の道 (パレスチナ)|王の道]]や[[ウィア・マリス]]という通商交易路が使われていた。エブラは紀元前2250年ごろに[[アッカド]]に滅ぼされる。
 
マリは宗教的中心地として紀元前1900年頃栄えるが、紀元前1850年[[アッシリア]]王の[[シャムシ・アダド1世]]が[[ヤスマフ・アダド]]をマリ王にし間接支配を布いた。そして紀元前1759年には[[バビロニア]]の[[ハンムラビ]]に滅ぼされた。紀元前15世紀に[[ミタンニ王国]]が成立。紀元前13世紀には[[アッシリア]]がミタンニ王国を滅ぼした。
===ギリシアとローマの支配 ===
[[ファイル:Provincia Syria.png|thumb|160px|[[ローマ帝国]]の[[シリア属州]]]]
アケメネス朝ペルシアの支配は長く続いたが、[[アレクサンドロス3世|アレクサンドロス大王]]率いる[[マケドニア王国]]の征服を受けると、急速にギリシア化が進んだ。[[紀元前322年]]の[[ディアドコイ戦争]]でアレクサンドロス帝国は分裂し、[[紀元前301年]]に[[セレウコス朝|セレウコス朝シリア]]が建国された。セレウコス朝シリアはインドからイランをへてアナルコリアにいたる広大な領土を持っていたが、[[紀元前200年]]ころから[[パルティア|アルサケス朝パルティア]]、[[グレコ・バクトリア王国]]の侵食を受け縮小。さらに[[ポエニ戦争]]にかかわったことから[[古代ローマ]]([[共和政ローマ]])と[[ローマ・シリア戦争]]などで交戦状態となって衰退してゆき、[[紀元前64年]]に[[ローマ帝国]]に併合された。
 
{{main|シリア属州}}