「古瀬駅」の版間の差分

m
 
=== 年表 ===
* [[1954年]]([[昭和]]29年)[[7月1日]]:[[日本国有鉄道|]](国鉄]]の'''古瀬[[信号場]]'''として開設<ref name=":02">{{Cite book|和書|title=北海道 駅名の起源|date=1973-3-25|year=|publisher=日本国有鉄道北海道総局|ref=ekimei1973|url=|edition=第1版|ASIN=B000J9RBUY|location=札幌市|author=|accessdate=|author2=|author3=|author4=|author5=|author6=|author7=|author8=|author9=|page=128}}</ref>。係員配置。[[仮乗降場]]として旅客を取り扱い
* [[1971年]](昭和46年)[[8月1日]]:無人化。
** 1973年(昭和48年)に国鉄北海道総局が発行した『北海道 駅名の起源』第1版には、客扱いを行う信号場についてはその旨の表記があるが、当信号場にはその表記は見られない<ref name=":02" />。
* [[1987年]](昭和62年)[[4月1日]]:[[国鉄分割民営化]]によりJR北海道に継承。同時に駅に昇格し、'''古瀬駅'''となる
* [[1990年]]([[平成]]2年)[[3月10日]]:[[営業キロ]]設定。
 
116,466

回編集