「アラートループ事件」の版間の差分

‎出典を追加
m (→‎反響: 出典の修正)
(‎出典を追加)
'''無限アラート事件'''(むげんアラートじけん)は、[[電子掲示板]]に不正プログラムを書き込んだとして女子中学生が[[家宅捜索]]のち[[触法少年]]として[[補導]]、男性2人が[[家宅捜索]]・[[書類送検]]された[[事件]]である<ref name="sanspo_19030418410013">{{Cite web|title=消せない画面…不正URL貼り付けた疑いで中1女子ら家宅捜索|url=https://www.sanspo.com/geino/news/20190304/tro19030418410013-n1.html|publisher=SANSPO.COM|date=2019-03-04|accessdate=2019-03-09}}</ref>。この事件については『'''アラートループ家宅捜索事件'''』、『'''兵庫県警ブラクラ摘発事件'''』などの名称でも呼ばれている<ref name="alertloop">{{Cite web|title=アラートループ家宅捜索(いわゆる「兵庫県警ブラクラ摘発」)事件に関する寄付の呼びかけ|url=https://www.hacker.or.jp/alertloop/|publisher=日本ハッカー協会|date=2019-03-25|accessdate=2019-03-26}}</ref><ref>{{Twitter status|HiromitsuTakagi|1109687320704225280}}</ref>。
 
問題のプログラムはクリックすると画面の真ん中に「何回閉じても無駄ですよ〜」という文字や、[[顔文字]]などを表示し続けるという動作をした<ref name="nhk">{{Cite news | url=https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20190304/2020003239.html | title=不正プログラム書き込み疑い補導 | newspaper=[[NHK]] | publisher=NHK| date=2019-03-04 | accessdate=2019-03-24 | archiveurl=http://web.archive.org/web/20190304142945/https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20190304/2020003239.html | archivedate=2019-03-04 | deadlinkdate=2019-03 }}</ref>。
 
[[兵庫県警]]は電子掲示板に不正プログラムへのリンクを書き込んだ[[不正指令電磁的記録に関する罪|不正指令電磁的記録供用未遂]]の疑いで女子中学生を補導、男性2人を家宅捜索・書類送検した<ref group="注釈">この3人が行ったことはリンクを書き込むことであり、当該プログラムの設置者ではない。</ref><ref name="sanspo_19030418410013" /><ref name="nlab_1903_18_news055">{{Cite web|title=「あなたブラクラ貼ったでしょ?」→39歳男性を書類送検 検挙男性が明かす「兵庫県警“決めつけ”捜査の実態」|url=https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/18/news055.html|publisher=ねとらぼ|date=2019-03-20|accessdate=2019-03-24}}</ref><ref name=nhk/>。
 
== 反響 ==
この事案に対して国内外様々な反響があった。この事案に触発されて、同様のコードを記述して公開することにより逮捕されることを目指すプロジェクトが[[GitHub]]上で開始された<ref name="NETIB-NEWS_28329">{{Cite web|title=「みんなで逮捕されようプロジェクト」がネット上で拡散中~サイバー犯罪対策課は「自分の子どもにもそんなことが言えるのか」と反発|url=https://www.data-max.co.jp/article/28329|publisher=NETIB-NEWS|date=2019-03-08|accessdate=2019-03-09}}</ref><ref>{{Cite web | title = 「いたずらURL貼って補導」がIT業界の萎縮をまねく理由 (2/2) | url = https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/08/news119_2.html | publisher = [[ITmedia]] | author = [[岡田有花]] | website = ITmedia NEWS | date = March 8, 2019 | access-date = March 26, 2019 }}</ref>。兵庫県警サイバー犯罪対策課はこのプロジェクトについて「自分の子どもにもそんなことが言えるのか」とコメントした<ref name="NETIB-NEWS_28329" />。
 
JavaScriptの生みの親である[[ブレンダン・アイク]]は、「[[Google Chrome|Chrome]]の初版よりも10年も前にリリースされた[[Netscape Navigator (ネットスケープコミュニケーションズ)|Netscape 4]]でもユーザーがループするJavaScriptを[[kill|キル]]することができた。」「今年日本に行くかもしれない、そのときには専門家証人になれる。」とツイートした<ref>{{Twitter status|BrendanEich|1102953296719802369}}</ref><ref>{{Twitter status|BrendanEich|1103006486332989440}}</ref>。[[電子フロンティア財団]](EFF)は、「無限ループは犯罪ではない。」とツイートした<ref>{{Twitter status|EFF|1104214831916212225}}</ref>。