「モリのアサガオ」の版間の差分

116.91.234.60 (会話) による ID:72138278 の版を取り消し
(116.91.234.60 (会話) による ID:72138278 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
: 本作の[[ヒロイン]]の1人。満の妹。旧姓は渡瀬。児童養護施設「竹の花園」職員。
: 心優しい性格。幼い頃に両親を目の前で殺害されて以来、事件の後遺症として[[失声症]]を患っている。
; 渡瀬満
: 本作のもう1人の主人公。1981年[[8月15日]]生まれ。
: 及川とは同い年の幼馴染。少年時代に及川と同じチームで野球をしており、彼にとって憧れの人だった。将来はプロ野球選手になることが確実視されていたが、中学3年の時に強盗に入った田尻勝男に両親を殺され、自身も右肩を刺されて野球の出来ない身体となった。その後は9歳年下の妹・小春と共に施設に預けられた。
: 田尻の死刑を待ち望んでいたが、村雨が心神喪失を訴えて有期懲役刑となってしまう。その後は田尻に復讐を果たすため、工場で働きながら腕を鍛える日々を送り、10年後に田尻が元妻の実家にやってくるを知り、待ち伏せして彼を日本刀で斬殺したが、この際に有歌も巻き添えにしてしまった。
: 1年逃亡の末に出頭し、裁判では当初、田尻が娘を抱えていたことを認識していなかったと供述、世論の同情もあり[[情状酌量]]が認められる寸前まで裁判を進めるも、「田尻から妹を守るため、娘が一緒にいることを分かっていて殺害した」と証言を翻したため、死刑判決が下る。その後、村雨に説得されるも本人の希望で控訴をしなかったため、死刑が確定。<ref>本来ならば、有歌の殺害は[[過失致死罪|過失致死]]にあたるため、死刑になることはまずない。</ref><ref>これ自体が村雨の信用を失くすための作戦であった。</ref>妹を守るために死刑になったものの、死の恐怖に怯え(後述のように田尻が亡くなった際には、[[再審]]請求をしようとした)、また、有歌を巻き添えにしたことは後悔する一方で、田尻を殺害したことについては「やってよかった」と考えていたが、及川と接するうちに罪を反省し死刑を受け入れ、刑務官のことを「先生」と呼ぶようになった(及川のことは親友のため心を開いた後は「直樹」と呼ぶようになった)。
: 最期に「もし生まれ変わったら、また直樹と野球がしたい」と言い残し、及川も携わって(死刑執行ボタンを押す)死刑が執行された。
 
=== 東京拘置所 ===
 
=== 確定囚 ===
; 渡瀬満
: 本作のもう1人の主人公。1981年[[8月15日]]生まれ。
: 及川とは同い年の幼馴染。少年時代に及川と同じチームで野球をしており、彼にとって憧れの人だった。将来はプロ野球選手になることが確実視されていたが、中学3年の時に強盗に入った田尻勝男に両親を殺され、自身も右肩を刺されて野球の出来ない身体となった。その後は9歳年下の妹・小春と共に施設に預けられた。
: 田尻の死刑を待ち望んでいたが、村雨が心神喪失を訴えて有期懲役刑となってしまう。その後は田尻に復讐を果たすため、工場で働きながら腕を鍛える日々を送り、10年後に田尻が元妻の実家にやってくるを知り、待ち伏せして彼を日本刀で斬殺したが、この際に有歌も巻き添えにしてしまった。
: 1年逃亡の末に出頭し、裁判では当初、田尻が娘を抱えていたことを認識していなかったと供述、世論の同情もあり[[情状酌量]]が認められる寸前まで裁判を進めるも、「田尻から妹を守るため、娘が一緒にいることを分かっていて殺害した」と証言を翻したため、死刑判決が下る。その後、村雨に説得されるも本人の希望で控訴をしなかったため、死刑が確定。<ref>本来ならば、有歌の殺害は[[過失致死罪|過失致死]]にあたるため、死刑になることはまずない。</ref><ref>これ自体が村雨の信用を失くすための作戦であった。</ref>妹を守るために死刑になったものの、死の恐怖に怯え(後述のように田尻が亡くなった際には、[[再審]]請求をしようとした)、また、有歌を巻き添えにしたことは後悔する一方で、田尻を殺害したことについては「やってよかった」と考えていたが、及川と接するうちに罪を反省し死刑を受け入れ、刑務官のことを「先生」と呼ぶようになった(及川のことは親友のため心を開いた後は「直樹」と呼ぶようになった)。
: 最期に「もし生まれ変わったら、また直樹と野球がしたい」と言い残し、及川も携わって(死刑執行ボタンを押す)死刑が執行された。
; 深堀圭造
: [[鶯谷]]事件の主犯。拘置所の中では、世古に次ぐ古株。
2,321

回編集