「オヤケアカハチ」の版間の差分

編集の要約なし
'''オヤケアカハチ'''(遠弥計赤蜂、於屋計赤蜂)は、[[沖縄県]][[八重山諸島]][[石垣島]]の大浜村(現在の[[石垣市]]大浜)を根拠地とした15世紀末の豪族([[八重山]][[国王]])である。
 
== 生涯 ==
オヤケアカハチの生誕地は[[波照間島]]で、幼少の頃から豪傑としての頭角を表していたという話があるが、不詳。波照間には生誕記念碑がある。
 
歴史資料上は大浜住人の[[豪族]]として登場する。妻は石垣村の[[長田大主]]の妹の古市。[[1500年]]、彼は島民の広範な支持<ref> 『長榮姓家譜大宗』「堀川原及赤蜂者二人、絶貢謀叛衆皆従之」</ref>を背景に、[[琉球王国|琉球王府]]への八重山からの朝貢を断たしめたが、2月13日<ref> 『[[球陽]]』「本年二月初二日、那覇開船し、八重山に赴き、赤蜂等を征伐す。大翁主大いに喜び、即ち小船に乗り、海に出でて迎接す。十三日、引きて八重山石垣の境に至る。大里等上岸す。」</ref>からの中山軍3,000人との戦いに敗北し、討ち取られた。これを、'''[[オヤケアカハチの乱]]'''と言う。
 
現地の口碑ではアカハチの居宅は現在の大浜公民館の辺りとされる<ref>「情報やいま」2000年10月号</ref>が、一部学者は「[[フルスト原遺跡]]」をオヤケアカハチの居城跡に比定している。
62

回編集