「オヤケアカハチ」の版間の差分

編集の要約なし
'''オヤケアカハチ'''(遠弥計赤蜂、於屋計赤蜂、ホンカワラアカハチ、アカハチホンカワラ)は、[[沖縄県]][[八重山諸島]][[石垣島]]の大浜村(現在の[[石垣市]]大浜)を根拠地とした15世紀末の豪族([[八重山首領]][[国王]])である。
 
== 生涯 ==
{{See also|オヤケアカハチの乱}}
オヤケアカハチの生誕地は[[波照間島]]で、幼少の頃から豪傑としての頭角を表していたという話があるが、不詳。波照間には生誕記念碑<ref>{{Cite web|title=集落の中の石碑 - オヤヶアカハチの碑の口コミ|url=http://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g1132549-d8149610-r550165736-Oyake_Akahachi_Monument-Hateruma_jima_Taketomi_cho_Yaeyama_gun_Okinawa_Prefectu.html|website=トリップアドバイザー|accessdate=2019-03-26|language=ja}}</ref>がある。
 
[[琉球王国|琉球]]側の歴史資料上は大浜の[[豪族]]として登場する。妻は石垣村の[[長田大主]]の妹の古市(古乙姥[くいつば])。[[1500年]]、アカハチ首領として島民の広範な支持<ref> 『長榮姓家譜大宗』「堀川原及赤蜂者二人、絶貢謀叛衆皆従之」</ref>を背景に、[[八重山列島|八重山]]から[[琉球王国|琉球國]]への[[朝貢]]を断たしめたが、2月13日<ref> 『[[球陽]]』「本年二月初二日、那覇開船し、八重山に赴き、赤蜂等を征伐す。大翁主大いに喜び、即ち小船に乗り、海に出でて迎接す。十三日、引きて八重山石垣の境に至る。大里等上岸す。」</ref>からの中山琉球の軍船大小100艘、3,000人との戦いに敗北し、討ち取られた。これを、'''[[オヤケアカハチの乱]]'''と言う。
 
現地の口碑ではアカハチの居宅は現在の大浜公民館の辺りとされる<ref>「情報やいま」2000年10月号</ref>が、一部学者は「[[フルスト原遺跡]]」をオヤケアカハチの居城跡に比定している。
 
八重山・宮古に現存する諸史料を紐解くと、元来の[[宮古列島|宮古]]・[[八重山列島|八重山]]の両[[先島諸島|先島]]は琉球に属さない大平山(タイビンサン)という[[連合国|連合]]であったことが分かる。今となっては理由は知れないが、15世紀に入ってから宮古側の首領である空広(ソラビー。いわゆる[[仲宗根豊見親]])が中山([[第二尚氏]])に恭順して琉球への朝貢を始め、それに対抗したアカハチ率いる八重山という構図である。
 
現在、石垣島の[[崎原公園]]に鎮座する「オヤケ赤蜂之碑」の碑文によると、「石垣の土着神であるイリキヤアマリ神<ref>{{Cite web|title=石垣島の昔の神!イリキヤアマリ神とは: 石垣島なんでも図鑑|url=http://isigakijima-navi.seesaa.net/article/324328616.html|website=isigakijima-navi.seesaa.net|accessdate=2019-03-26}}</ref>の祭祀を琉球の尚真王が弾圧したため、1500年にアカハチが島民の先頭に立って反旗を翻して奮戦するも、討ち取られた。」と記されている。同公園には「オヤケヤカハチ之像」もあり、こちらの碑文には、「西暦一五〇〇年(明応九年)、当時の琉球王府への朝貢を拒否、反旗を翻した驚天動地のオヤケアカハチの乱の主人公・オヤケアカハチの銅像。- その人物像は独立心が強く、体つきが人並みはずれた大男、抜群の力持ち、髪は赤茶けた精悍な顔つきの若者-と伝えられている。正義感が強く、島の自由のために先頭に立って権力にたち向い、大浜村の人々から太陽と崇められ信望を一身に集めていた。爾来、今日まで英傑・オヤケアカハチの遺徳は石垣島の人々に「アカハチ精神」として受け継がれている。」と記されている。
 
敗北したものの、琉球の侵攻からタイビンサンを守ろうとしたアカハチは、[[先島諸島]]の英雄として現在に伝わっているほか、イリキヤアマリ神を伝える[[御嶽 (沖縄)|御嶽]]が石垣島に残っている。
 
== 洪吉童との同一人物説 ==
[[ファイル:Hateruma akahachi.jpg|thumb|right|280px|オヤケアカハチ生誕の地]]
[[ファイル:Ishigaki furusutobaru iseki.jpg|thumb|right|280px|フルスト原遺跡(石垣市)]]
[[大韓民国|韓国]]には、小説『洪吉童伝』の登場人物・[[洪吉童]](ホンギルトン)とオヤケアカハチとの「同一人物説」を唱える者がおり、[[源義経#義経=ジンギス・カン説|義経=ジンギス・カン説]]と似たかたちで受容されている。ホンギルトンは大衆的人気が高く伝統的に小説等で取り上げられるなどしているが、実際にも、盗賊であり朝鮮王朝に対する反逆者というキャラクターであると記録されている。り、これが八重山諸島に逃れたという「同一人物説」を薛盛景(ソル・ソンギョン/当時・[[延世大学]]教授)と梁潅承(ヤン・コンスン)が唱えている。彼らは「ホンギルトンは粟島国(先島諸島を指す)に逃げ延びてホンカワラと名を偽りそこで尊敬される指導者として民を苦しめる日本政府(琉球國を指す)に対抗して戦い、このような事実が日本の歴史の本にも記されているいう<ref>[http://members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/20030501000023.htm 延世大 ソル・ソンギョン教授 チャムドン小学校で「古典文学」特別講演] 朝鮮日報</ref>宣伝している。この同一人物説によって、オヤケアカハチがしばしば沖縄県と韓国との友好事業・行事の題材にされることがある。
 
しかし、ホンギルトンはあくまで架空の人物であり、史実では、李氏朝鮮の公式記録『[[朝鮮王朝実録|李朝実録]]』燕山君6年(1500年)10月22日に、世間を騒がせた盗賊'''洪吉同'''なる者が捕縛されたとの報告記録があるのみ(洪吉同の取り調べと罪状報告は12月29日の記録まで存在する)、この[[犯罪者]]をモデルに書かれたのが前述の洪吉童伝である。17世紀初頭の朝鮮の身分制度と社会を風刺した小説で、主人公ホンギルトンたちは南海の楽園「粟島国」へ逃亡するという結末である。ただしこの結末は、現実世界での解決が難しいがゆえに、理想郷への逃避を書かざるを得なかった作者の思いであり、実在する沖縄を念頭に置いたものではない。小説自体は作者の風刺の意図を超え、痛快な義賊小説として多くの平民に愛され、朝鮮人の英雄像の一つとなった。もちろんておりしばしばと小説は別在の人だと錯覚を起こす者までいるほどの人気である。
 
[[2001年]][[5月4日]]には、[[大韓民国|韓国]]南部の長城郡で「洪吉童国際学術シンポジウム」が開かれ、「同一人物説」について日韓の研究者が議論した<ref>[http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-111918-storytopic-86.html 日韓友好の懸け橋に/洪吉童国際学術シンポ] 琉球新報、2001年5月8日</ref>。ただし、<!--日本側参加者も同一人物説に同意しないか結論は出ないと強調しながらも沖縄と韓国との相互交流と継続的な研究協力についての期待を述べるなどして-->シンポジウムについては沖縄県と韓国の相互交流を強調して報道されておという試みであり、歴史研究ではなく友好行事としての性格が強いであるなお、韓国側が主張する「同一人物説」ものにつ根拠は15世紀末とては、時期的な一致やフルスト原遺跡から[[韓国の陶磁器|高麗製の陶磁器]]や[[硬貨|古銭]]が出土した等が根拠して提示されてった程度ものだけであり<ref>[http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-113373-storytopic-86.html 「アカハチは韓国の義賊」/延世大教授ら来沖、調査] 琉球新報、2000年4月26日</ref>、日本では「韓国側の思い込み」「そもそもが小説の中の登場人物」として完全に否定されている<ref>琉球新報、1998年5月1日</ref><!--否定されていると断言すべきですが一旦、出典の表現どおりに。-->。
 
2001年[[7月]]には、八重山諸島と韓国との友好イベントとして、オヤケアカハチと洪吉童の同一人物説に基づいて創作された韓国の劇団による「ミュージカル・ホンガワラ」の公演が、石垣市で予定された。しかし[[歴史教科書問題]]の再燃により韓国で日本文化の段階的開放が中断されたため、同公演は直前で中止された<ref>[http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-109400-storytopic-86.html 韓国劇団が公演中止/アカハチ題材ミュージカル/教科書問題で/石垣市] 琉球新報、2001年7月15日</ref>。
 
<br />
史実では、李氏朝鮮の公式記録『[[朝鮮王朝実録|李朝実録]]』燕山君6年(1500年)10月22日に、世間を騒がせた盗賊'''洪吉同'''なる者が捕縛されたとの報告があるのみで(洪吉同の取り調べと罪状報告は12月29日の記録まで存在する)、この名をモデルに書かれたのが『洪吉童伝』である。17世紀初頭の朝鮮の身分制度と社会を風刺した小説で、主人公たちは南海の楽園「粟島国」へ逃亡するという結末である。ただしこの結末は、現実世界での解決が難しいがゆえに、理想郷への逃避を書かざるを得なかった作者の思いであり、実在する沖縄を念頭に置いたものではない。小説自体は作者の風刺の意図を超えて、痛快な義賊小説として多くの平民に愛され、朝鮮人の英雄像の一つとなった。もちろん、史実と小説は別物である。
 
== イベント ==
62

回編集