「連続確率分布」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
広義連続分布では、確率変数 X の値 a に対して常に {{math|P(''X'' {{=}} ''a'') {{=}} 0}} である。これは必要十分条件である。しかし、確率変数が連続型でも広義連続分布で無い場合は、必ずしもそうではない。広義連続分布ではない例として[[退化分布]]がある。退化分布などでは {{math|P(''X'' {{=}} ''a'') > 0}} となることもありうる。
 
なお、連続確率分布は単に確率変数が実数などの連続値になる場合の確率分布のことでは無い。条件は更に厳しく、累積分布関数が連続であることも必要である。
 
== 区間に対する確率 ==
1,114

回編集