「ノート:国道106号」の版間の差分

→‎分割提案2: 新しい節
(→‎分割提案2: 新しい節)
 
[[利用者:みちまん|みちまん]]さんからの意見を私としてはお待ちしていたのですが、会話ページで話したところゴールデンウィークごろまで忙しいということでありましたので、議論を進めていきたいと思います。私としては新幹線さんの意見が一番支持できると考えているのですが、とりあえずは、;を====に置き換えるというのも案としては良いと思います。みなさんのご意見としてはどうであるか伺いたいと思いますが、いかがでしょうか。--[[利用者:ヤビツスカイライン|ヤビツスカイライン]]([[利用者‐会話:ヤビツスカイライン|会話]]) 2016年4月17日 (日) 12:14 (UTC)
 
== 分割提案2 ==
 
[[宮古盛岡横断道路]]への分割を提案します。
 
以前も同様の提案をさせていただいており、その時は賛同を得ることができなかったのですが、当時から事業が進捗していることも鑑みて再度提案させていただきます。
 
分割の理由はまず第一に、[[地域高規格道路]]と[[一般国道]]の記事が同居しているということです。確かに国道106号のほぼ全線が地域高規格道路に指定されています。ですが、本来別概念である以上分けることで記述もしやすくなり見通しが良くなると思います。地域高規格道路とはいえ一般国道の改良事業である以上同一の記事でよいという意見も以前いただきましたが、一般国道の改良事業として行われるものの中で特定の規格を満たす形で指定されたものであり、そのこと自体が特筆すべきものと考えます。実際に地域高規格道路を別記事にしているものは多いと考えます。例えば、[[釧路中標津道路]]や[[西関東連絡道路]]、[[伊那木曽連絡道路]]があると思います。
 
第二に、事業の進捗に伴い、国道106号の記事の中で、肥大化しバランスが悪くなっていることです。国道106号にも指定されるまでやされてからの前史のようなものがあると思います。現在その手の記述は少ないですが、今後執筆が進めば、さらにバランスが難しくなると思われます。宮古街道としての前史を踏まえて、県道への指定や国道への昇格から現在までを踏まえた概括的内容が国道106号とすれば、具体的な改良事業を宮古盛岡横断道路として棲み分けをすればよいと考えます。
 
第三に、復興事業として注目されている点です。当該道路は地域高規格道路であるのと同時に、[[東日本大震災]]以後に復興支援道路としても指定され、事業が活発化しています。この点も特筆すべきと考えます。同様に、復興道路である[[三陸沿岸道路]]も独立させるべきかも論点としてはありましょう。ただし、こちらは既存の[[三陸縦貫自動車道]]、[[三陸自動車道]]、[[三陸北縦貫道路]]、[[八戸久慈自動車道]]とどのように棲み分けをしていくかが課題となろうかと思います。
 
少々余談もありましたが、以上が主な分割の理由となります。2週間経っても、特に反対がない場合は実施いたします。--[[利用者:ヤビツスカイライン|ヤビツスカイライン]]([[利用者‐会話:ヤビツスカイライン|会話]]) 2019年3月31日 (日) 09:45 (UTC)