「ひよ子」の版間の差分

編集の要約なし
[[1964年]]に開催された[[1964年東京オリンピック|東京五輪]]をきっかけに[[東京]]へ進出し、[[東京駅]]や[[東京国際空港|羽田空港]]などターミナルを中心に出店し、現在では東京[[土産]]としても有名である。[[東北新幹線]][[上野駅]]延伸開業後は[[東北地方|東北]]方面にも広まった。関東以北では「東京銘菓 ひよ子」と宣伝して知名度を獲得した経緯から、福岡発祥の菓子であることを知らない者も多く「東京から来た人が福岡の人に東京土産として『ひよ子』を持ってきた」などという実話もざらにある。このためか、福岡で製造された「ひよ子」のパッケージには「'''博多'''」の文字を前面に入れるなどの対応を施している。毎月14日、15日をひよ子饅頭PRのために「ひよこの日」に制定している。また、「ひよ子」誕生100周年を記念して、2012年から福岡県限定で季節ごとに限定販売する「季(とき)ひよ子」の生産を始めたほか、逆に東京でしか入手できない限定ひよ子もある。
 
現在株式会社ひよ子(ひよ子本舗吉野堂)の本社は[[福岡市]][[南区 (福岡市)|南区]](工場は[[飯塚市]]など)にあり、東京にもグループ会社がある([[#株式会社東京ひよ子|下記項目参照]])。「吉野堂」が付く法人は過去にはあったが現在は存在しない。石坂一族による同族経営だがであり大きなライバルの[[千鳥屋|千鳥饅頭]]と異なり経営の一体性を確保するため福岡東京の会社の長をトップは同一人物が務め兼ねようにしてい慣行である。
 
== 形態と種類 ==
ヒヨコの形になった理由は、二代目店主の石坂茂が「大勢の人に愛される、従来の丸い形ではない饅頭を」と考えて悩んでいた時に、自らがヒヨコで埋め立てられる[[]]を見たのがきっかけ、という。
 
昔は「ひよ子」の形をした木型を使い、職人によって一つ一つ手作業で作られていた(この木型は資料として保管されている)。その後、製造工程は完全に機械化され、焼きゴテで「ひよ子」の"目"を入れる作業も[[レーザー]]を使用して自動化されているが、しばしばデパートなどの実演販売において手作りを見ることができる。包装紙の「ひよ子」の筆文字は女流書道家の[[町春草]]によるものである。
 
== 近況 ==
{{いつ範囲|date=2019年3月|最近では}}、製造年月日の定義が業界全体で問題となった洋生菓子の製造・販売から撤退、本業の焼き菓子に特化し好評(和生菓子や季節商品は継続)。福岡県においては、福岡都市圏以外では直営店舗を削減、百貨店などのテナント形式に移行させている。
 
== 脚注 ==
匿名利用者