「千鳥屋」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 複数の千鳥屋 ==
[[Image:西新店.jpg|thumb|right|200px|千鳥饅頭西新店([[福岡市]][[早良区]]・()式会社千鳥饅頭総本舗が運営)]]
現在は、グループ中興の祖・亡き原田つゆの子どもたちがそれぞれ暖簾分けを行い受けて、全国にて商品展開を行っている。<br />出自をいずれも原田家が創業したじくする同根の企業ではあるものの、4社<ref>それぞれの子会社などは除く。</ref>々に分かれ、法人として各々それぞれ独立している。<br />「千鳥饅頭」自体のブランドイメージに関して4社で大きな違いはないが、取り扱っている商品のラインアップについては、各社でそれぞれ違いがみられる。また、商品のパッケージ・商品内容・味・原材料についても、各社によって違いがみられる。<br />なお、4社のうち千鳥屋総本家は[[神戸市]]に本社を置くジーライオングループ傘下となり、原田家は経営権を失っている。
なお、原田一族は、千鳥饅頭総本舗、千鳥屋本家、千鳥屋宗家の3社で社長を務め、千鳥屋総本家は原田一族が経営から退き、[[神戸市]]に本社を置くジーライオングループ傘下となっている。
 
=== 株式会社[[千鳥饅頭総本舗]] ===
原田つゆの次男が創業した会社で、[[福岡県]][[福岡市]][[博多区]]に本社を置き、[[糟屋郡]][[新宮町]]に工場兼旗艦店の「セントラル店」を置く<ref name="the3rd"/>。店舗展開は福岡市周辺、[[久留米市]]、[[春日市]]、[[大牟田市]]、[[八女市]]、[[佐賀県]][[唐津市]]などを中心に行われている<ref>千鳥饅頭総本舗の商品そのものは、千鳥饅頭総本舗の店舗が存在しない地域である[[北九州市]]のJR[[小倉駅 (福岡県)|小倉駅]](例:新幹線コンコース内の売店、「小倉エキナカひまわりプラザ」内「小倉おみやげ市場(お土産店)」)などの一部の店舗でも販売されており、入手が可能。</ref><ref>1968年(昭和43年)にチロル高原にて撮影された「チロリアン」CM等は、同社の公式サイトにて視聴できる。</ref>。
 
=== 株式会社[[千鳥屋本家]] ===
原田つゆの四男が創業した会社で、福岡県[[飯塚市]]に本社を置き、福岡市[[中央区 (福岡市)|中央区]]天神2丁目に「新天町福岡本店」を置く<ref name="the3rd"/>。店舗展開は福岡市周辺、[[北九州市]]周辺、[[飯塚市]]、[[久留米市]]、[[福津市]]、[[山口県]][[下関市]]などを中心に行われている<ref>特に福岡市内・久留米市内・大牟田市内等においては、前述の千鳥饅頭総本舗の店舗と混在して存在するため、両者の混同に注意が必要である。</ref>。
 
=== 株式会社[[千鳥屋宗家]] ===
原田つゆの三男が創業した会社で、[[兵庫県]][[西宮市]]に本社を、[[大阪市]][[中央区 (大阪市)|中央区]]に本店を置く<ref name="the3rd"/>。「みたらし小餅」など、他の3社にはない独自の大阪に根付いた商品を展開している。尚、4社中、唯一「千鳥饅頭」を「本千鳥」という商品名で販売しており、また、唯一「チロリアン」の製造・販売をしていない<ref>現在[[ABCテレビ|朝日放送]]の[[ABCニュース]]枠(9時前・水曜)にて各社扱い(30秒CM付き)で提供している。</ref>。
 
=== [[千鳥屋総本家]]株式会社 ===
[[東京都]][[豊島区]]に本社を置く、1964年に原田つゆの長男が暖簾分けして設立された会社。主に関東地区を中心に展開しているが、[[北海道]]・[[沖縄県]]にも店舗が存在する。[[東京ディズニーランド]]の人気商品のお土産用チョコレートも製造している。また、4社の中で、唯一黄味あん入りの「千鳥饅頭」も製造・販売している<ref name="the3rd">『あの会社はこうして潰れた』日本経済新聞出版社、2017年4月10日初版、50-53頁、 ISBN 9784532263379。</ref>。
 
匿名利用者